その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 30日

忙中閑なし弥生卅日

被災地支援のために何かを、というcreep大兄の呼びかけ、【ハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援】活動の末席に加えていただいて、熱いご賛同を頂戴しました。かたじけなく、むせび泣きそうであります。コメントをご紹介します。


【最大限の想いをこめて】 by brooxさん

【神戸が受けた旧恩を、ぼくは返さないといけない】 by hamayo兄貴

【少額で申し訳ないけど頑張って!】 by ups_downsさん

【純情幕営団や放置民の方々のブログの読者です
 義援金詐欺等も有るようですので、
 信頼できる いまるぷさんと いのうえさんに託します
 どうか、お一人でも暖かい夜がすごせますように】 by shigさん

【少しでもお役に立てるなら】 by はいはら親父さん


重ねて、感謝...
(ことばに詰まっています...下を向いています...いま、ハンカチを手にしました...)




2011/04/05 追記します。またご賛同を頂戴しました。ありがとうございます。

【ブログの一読者です。
 いつも山の写真を楽しみにしています。
 少ないですが…。 byみちるさん

【ノーコメントに万感の思いを込めていただきました byわだっちさん

【東北出身者として、少しですが…。 】 by おしんさん


みちるさん、わだっちさん。そして、おしんさん... ありがとうございます。



 ◆◇◆

知人の建築士から、こんな取組みを教えてもらいました。避難所生活でプライバシーを確保するための「簡易間仕切りシステム」。紙管に木綿布を掛けて、柱と梁、そして壁を構築するのだそうです。福岡県西方沖地震や新潟中越沖地震での避難所でも役立てられ、さらなる進化改良を遂げているとのこと。今回の震災でも導入され、各地の避難所で設置が行われたとのレポートがあります。

東日本大震災 避難所用間仕切りシステム4 (PPS4)
Paper Partition System 4 for Japan Earthquake and Tsunami


この取組みを進めているプロジェクトでは、義援金および近隣のボランティアの協力を求めているようです。上記ページに詳細がありますので、関心のある方はご覧になってみてください。




 ◆◇◆

c0220374_8342071.jpg

くらいトンネルの先に、ひかりが必ず、見えるはずです。
僕は少年時代を被災地で過ごしました。
幼なじみには家族を失ったものも...。
哀悼という言葉では尽くせません。鎮魂の祈りを捧げます。




c0220374_8345486.jpg

復興の槌音が、まもなく響きはじめることでしょう。
そのときまで、そのときまで...





c0220374_8354148.jpg

穏やかな日常が、きっと戻ってくるに違いありません。





c0220374_838094.jpg

信州松本にも、春の気配が。
庭の梅や桃が咲き、蕗の薹が顔を出しました。
裏の丘に登ると、果樹の向こうに鉢伏山が、物憂げにかすんでいました。




 ◆◇◆

報道されることは少ないのですが、長野県北部の栄村では、3月12日に起きた長野県北部地震の影響で、数百人が避難所生活を送っています。村内の建物ほとんどが被害を受けたそうです。3月末の積雪はいまだ2メートル。かつて鈴木牧之翁も訪れた秋山郷の春は、もう少し先になりそうです。



 ◆◇◆

遭難したのではないか? というお問合せをいくつも頂いてしまいました。
信じ難いほど忙しいのですが、御陰様で息災に過ごしております。

テントを担いで春の霞沢岳へ、という企みも先延ばしになりまして。






尚、写真と本文はあまり関係がないようであります。
[PR]

by yabukogi | 2011-03-30 09:01 | 書くまでもないこと


<< 森へ。      鍋で、ガスで、飯を炊く。 >>