その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:sanpo CF stove ( 2 ) タグの人気記事


2010年 05月 19日

さんぽ式ストーブ(R)を検証する

朝から風が吹き荒れている。


庭を転がるバケツやブーツを眺めていたら、ふと思い立った。今のテント(エスパース・ソロ)を使いはじめて1年が過ぎるが、数回の使用機会では常に無風か微風。幸運なことに、強風下で設営したり撤収したりする機会が無かった。ならばこれは良い経験になるだろうと、すぐさま設営を試みる。ペグ打ちに手間取ったりしていると、強風に持って行かれたテントが生け垣に張り付くほどの風である。それでもなんとかかんとか設営を終えると、「ふむ。前室で珈琲でも...」 となるのは当然の成り行きであろう。ということであれば、先日手元に届いたばかりの【さんぽ式ストーブ】の燃焼実験を兼ねて、点火式を行うことに決めた。


c0220374_1344275.jpg


知りたいことが、いくつかあった。もとより加圧して渦を吹き出すサイクロンのストーブではない。ジェット噴流でもない。カーボンフェルトが吸い上げた燃料をちろちろと燃やし、クッカーの底を丁寧に炙ることをミッションとするストーブである。したがって徒にハイカロリーを競うアスリートではなく、まろやかな山のランチの演出家である。精妙に作られたアルコールストーブとして、「使う愉しみ」のような部分を抽出してみたいのである。それでも道具であるからには、一応、次のことを押さえておく。


(1)500ccの湯を沸かすために必要な燃焼時間。
気温は摂氏21.2度(屋内)。春の中級山岳、あるいは夏の稜線の日中の気温といえるだろう。汲み置きの井戸水を使用するため、水温は20度と考えて差し支えあるまい。この条件下で、何分でお湯が沸く?


(2)ストーブを満タンにした場合の、継続燃焼時間。
2オンスのアルコールが入る設計になっているが、継続してどの程度もえつづけるのだろう。珈琲程度か、ランチが可能か?


(3)火力調節の具合。
カーボンフェルトの【芯】を上下させることで火力調節が可能である。その絶妙な機構の、実際の様子を確かめてみたい。

>> すばらしき、ストーブ!
[PR]

by yabukogi | 2010-05-19 16:28 | 山の道具のこと
2010年 05月 14日

美しすぎるストーブ

山道具と呼ぶには、あまりにも美しすぎる。


オリジナル・モデルでもちろんハンドメイド。個人的な意見ではあるが、その仕上りの精妙さ、そして完成度は他の追従を許さぬレベルである。愛嬌のあるフォルム。磨かれた金属のテクスチャー。どの角度から眺めても、屋外に持ち出すことが躊躇われるような美しさである。さんぽ師匠の手になるこのアルコール・ストーブが、今朝ほど届いたのだ。うれしくてたまらないのだ。

c0220374_14144971.jpg



点火したい。
湯を沸かしたい。

抑えがたい、その誘惑。



一方で永遠に未使用のまま所有したいという、歪んだ欲望。

>> 続き?
[PR]

by yabukogi | 2010-05-14 14:34 | 山の道具のこと