その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:里山 ( 11 ) タグの人気記事


2013年 06月 24日

緑の戸谷峰・六人坊・烏帽子岩

2013年6月23日。僕は全身が緑色に染まるぐらい、あざやかなみどりの中を漂っていた。


c0220374_623182.jpg

少し高い所へテントを担いで。そう予定していたけれど、結局裏山のあまり高くない所を半日で周回することにした。日曜日の朝ご飯を済ませ、台所を片付けてから家を出る。パックしたのは2リットルの水とカップラーメン、そしてトランギアのアルコールストーブ。ほかにはウインドシェルと予備の革手袋ぐらいだった。




家から15分ぐらい、カブを走らせる。三才山トンネル手前で国道254号の道ばたに駐輪すると、戸谷峰に向う2組ほどのハイカーがいた。彼らは最近整備された別コースを歩いたのだろう。山中でもてっぺんでも、出会うことは無かった。

c0220374_63057.jpg

野間沢橋脇の鉄階段。ここが戸谷峰の旧入り口。中部電力の鉄塔巡視路を歩かせてもらう。



c0220374_631710.jpg

緑がしたたる。ニリンソウの群落が見られる、湧き水のある谷。時期が遅いので花はもうない。



c0220374_644566.jpg

足元に、オトシブミがたくさん。踏んでしまうと可哀想なので、この日、いくつかを道の外に放ってやる。



c0220374_65950.jpg

どこもかしこも、いのちの気配に、満ち満ちていた。幼樹が葉を広げ日光を受け取ろうとしている。数十年後、巨樹に育っているだろうか。



c0220374_652716.jpg

朴の木のアトラス。独りで全天を支えているようなその姿に、僕が勝手に名付けた。



c0220374_66911.jpg

山頂近く、広葉樹の尾根。林床のニリンソウにも、もう花はない。



戸谷峰山頂には誰も居なかった。西側、安曇野は靄っている。槍も穂高も見えない。
c0220374_664074.jpg




c0220374_673424.jpg

山頂を後にして、尾根の道を戻る。いつもは鉄塔のコルから野間沢橋に降りてしまうのだけど、この日は稜線伝いに六人坊、三才山と回ることにしていた。踏み跡はとっても薄くなる。それでも迷うことはないトレース。




c0220374_6131747.jpg

ギョリンソウの群落。




c0220374_675953.jpg

六人坊山頂には、三角点と手書きのプレート。




c0220374_684473.jpg

わずかに歩けば三才山。ここから急斜面を這い降りると、眼下に国道の橋が見える。するといきなり、蝶ケ原林道に飛び出す。ここが三才山峠。




c0220374_69155.jpg

峠の様子。右奥の斜面から林道に降りた。




c0220374_610924.jpg

しばらくは蝶ケ原林道を歩く。途中、東側にすばらしい岩壁がある。




c0220374_6103846.jpg

登ったことはないけれど、そそられるリッジ。あのテラスからの眺望を想像するだけで、お腹の下あたりがヒュンとなる。




c0220374_611184.jpg

岩壁の下で、ランチタイム。

c0220374_6113465.jpg


c0220374_6115297.jpg

ヌードルをすすりながら、この日の前半に歩いてきた山並みを眺める。





少し歩いて、烏帽子岩への入り口。美ヶ原高原ロングトレイルに入る。トレイルはさらに、武石峰から美ヶ原方面へと続いている。 

c0220374_613332.jpg

武石峰からの降り口(右)と烏帽子岩への入り口(左奥)。




c0220374_6143175.jpg

烏帽子岩。でっかい岩壁の基部から突き出したピナクル。松本市街地からも眺められる。背景は女鳥羽川・地獄谷の森。




c0220374_6163151.jpg

男性用の眼鏡を拾った。持ち主が困っているだろう、権現社の石灯籠に置いておいた。




c0220374_61648100.jpg

烏帽子岩からも、濃淡あふれかえるみどりの中を下っていった。




c0220374_726461.jpg

山腹を巻くように下り、次第に開けた沢のような地形に変わる。そんな一角に、湧水を汲むことができる。僕は飲んだことがない。また秋深くには涸れてしまう。




c0220374_6171659.jpg

国道を往くクルマの音が聞こえ、畑の脇を過ぎ、車道を歩く。国道に出てしばらく登っていくと、僕の赤いカブが待っていてくれた。






c0220374_6175668.jpg

帰路、いつも詣でる御射神社さんの秋宮に寄る。このお宮で、山の神さまである烏帽子大権現さんをお祀りしてるのだ。


山の神さま、ありがとう。
[PR]

by yabukogi | 2013-06-24 07:29 | 筑摩山地・美ヶ原
2013年 04月 29日

春の森で猿のアレを思い出す

c0220374_12504680.jpg


裏山の森に、いく筋かの小径がつけられている。
満ちてきた信州の春を愉しもうと、木漏れ日の小径をぶらぶら歩こうと、珈琲道具と水筒だけを携えてこの森に分け入った。



c0220374_125152.jpg

芽吹きはじめたばかりの森をゆく。



c0220374_1251314.jpg

散りかかった山桜の彼方に、常念。
左側の鞍部に、微かな白い突起が出ている。これは槍ではなくて、中岳。望遠レンズを(というかちゃんとしたカメラを)持っていなかったので、ごめんなさい。



c0220374_12534259.jpg

木立の中に、山頂の三角点。



c0220374_1254109.jpg

朽ちかけた木のテーブルに、この日の珈琲セット。アルコールストーブ一式を忍ばせたマグは450ml。



c0220374_12545828.jpg

35mmフィルムケースから取り出された、カーボンフェルトのコーン。ピンぼけ失礼。
スタンドは我らが炎のマエストロ、さんぽ師匠のCFストーブのもの。



c0220374_1258994.jpg

フィルムケースに「アルコール漬け」になっていたコーンに、燃料を少し加えて点火。



おや。この形状、以前にどこかでも見たような記憶が....。



やはりそうだ。
2008年早春の烏川渓谷で見かけた、猿の排泄物。これと全く同じ形状だ。
c0220374_13594448.jpg

完全に一致。



c0220374_1259950.jpg

これが思った以上に仕事する。カーボンフェルトを芯に、というアイディアを発案・提唱、そして改良なさった先人たちの苦労を思い浮かべる。ありがとうございます。

たしかにこの形状、燃費はやや悪いものの最大瞬間風速的に、良く燃える。気化の量や空気との接触面積とか、工夫ができそうだ。今回に関しては、コーンの径と高さをもうふた回り大きくしてやれば良いか....。







c0220374_1321996.jpg

この日はインスタント珈琲で。







c0220374_1325232.jpg

山麓の麦畑が、青々と茂ってきた。雲雀のさえずりも間近だろう。
[PR]

by yabukogi | 2013-04-29 07:04 | ぶらぶらと歩くこと
2013年 02月 17日

影法師に会う

半日の空いた時間を、裏山に彷徨う。


林道にはトレースが無かった。脛までの雪をきゅうきゅう鳴らしながら、ゆっくりと歩く。

c0220374_862189.jpg



無言で歩く時間。あまり意味の無い考え事が、いくつもいくつも去来する。やがて僕自身が、この地上を去来するひとかけらの塵でしかないことに気付かされ、苦笑。

c0220374_88451.jpg


空は青い。その色彩には、意味があるのだ。

c0220374_811571.jpg




c0220374_8122481.jpg

雪原には無数の鹿の足跡。そういえば、この山みちに入るところには、鹿の防護策が張られていた。増え続ける鹿たちにも、きっと意味がある。



c0220374_8142556.jpg

HanWagのスーパーフリクション、モンベルのメリノだかのソックス、ユニクロのボクサーショーツ、ミズノのアンダーウエア上下、ストームゴージュアルパインパンツ、モンベルのゲイター、Marmotのハーフジップのシャツ、NorthFaceのフリースのベスト、Berghausのソフトシェル。書いても意味が無いが、寒くもない。



c0220374_8164077.jpg


雪の上に、もうひとりのおのれが居た。
お前に、何かの意味があるのか?

いくら問うても、影法師は何も答えない。





c0220374_8192148.jpg

ワカンを携えてきたが、最後まで背中に背負ったままだった。



c0220374_8154917.jpg

今日は名前の無いこの小ピークで、おしまい。
[PR]

by yabukogi | 2013-02-17 08:21 | ぶらぶらと歩くこと
2010年 11月 12日

美ヶ原トレイル計画、近況

以前に、美ヶ原トレイルを整備して観光資源に役立てましょう、という当地での取り組みをご紹介した。と書けば体裁はよろしいのだが、ローカル紙に記事が載ったついでに、僕が歩いた8割ぐらいの区間のことを少し思い出して書いただけだ。

2010年01月19日 【美ヶ原トレイル構想

その後、徐々にトレイル構想のルート取りや整備・利用開始の見通しなどが明らかになってきたので、備忘録的にここに書いておく。僕は走れる体力もないし走らせてくれない内臓脂肪はあるしで走れないが、走る方はイメージトレーニングなさるがよろしかろう。僕に同じく(内臓脂肪はともかくとして)走らない方は、おだやかな陽だまりハイクなのか高原のそよ風ハイクなのかはともかく、お出かけになる日を思い描かれたらよろしかろう。そんな折り、ぜひとも当地の温泉地になどお立ち寄りいただき、できれば湯は立寄ではなくお宿をお求めになって逗留していただき、のんびりと信州の城下町を味わっていただきたいものである。その際に「美味い店は?」というお尋ねがあれば、僕の友人が経営する店に限ってご案内もやぶさかではないし、ご馳走いただけるならその場に臨むことも拒むものではない。


さておき。

ルート取りはまだ詳細が確定していないようなのだが、第一報でお知らせしたコースと明らかに変わったと思われる区間があるので、ご案内しておく。

c0220374_11492438.jpg

【2010年9月1日 広報まつもと】より

>> 読むかい?
[PR]

by yabukogi | 2010-11-12 12:21 | 筑摩山地・美ヶ原
2010年 01月 19日

美ヶ原トレイル構想

【八ヶ岳山麓スーパートレイル】は、これまでもいろんなメディアで取り上げられて来たからか認知度も高そうだ。一方、近くの美ヶ原で【美ヶ原トレイル】構想が温められていることは、あまり知られていない。構想の詳細は、昨年末の新聞からの引用記事に譲るが、美ヶ原山塊の北にある戸谷峰から美ヶ原の高原台地を巡り、三峰山、鉢伏山を経て牛伏寺へ降りてくるというもの。おおむね、松本市域の境界東側のラインをなぞる格好になる。なお後半、三峰山山頂から鉢伏山山頂までは中央分水嶺をトレースする。コースの北側は薄川(すすきがわ)から田川・犀川・千曲川となり信濃川と名を変えて日本海に注ぎ、一方の南側は砥川から天竜川に合し太平洋へ向かう。


c0220374_13194468.jpg


このトレイルの起点は、保福寺という集落。ここは峠の下に踞(うずくま)るような山間のむらなのだが、かつて「日本アルプスの登山と探検」を著したウオルター・ウエストン卿(1861-1940)は、安曇野への旅にあたって【保福寺峠】から保福寺集落へと降りている。このとき、彼は初めて、ガウランド名付けたところの「日本アルプス」を目の当たりにしたのだ。峠から眺めた常念山脈の姿に鼻息を荒くしたのだろう、記録に残る最初の常念岳登山を敢行。ただし、資料を眺めた限りでは、前常念岳のピークを踏んでいるようだ。1894年(明治27)のことである。

地味な話である
[PR]

by yabukogi | 2010-01-19 13:25 | 筑摩山地・美ヶ原
2009年 12月 14日

雨引山 09/12/13

c0220374_1035310.jpg


安曇野・山カフェ】からお誘いがあった。

冬の一日、地図とコンパスを睨みながら安曇野の里山を歩こう、と。プロガイドの山本史郎さんが講師としてご一緒くださるという。

そして続きが...
[PR]

by yabukogi | 2009-12-14 10:18 | 北ア・前衛の山々
2009年 12月 08日

戸谷峰 09/12/08

樹を見に行った。

霜が降りた朝。こどもたちが保育園の庭の氷を割って遊ぶ朝。つめたい空気を感じていたら我慢ができなくなって、家から8キロ走った尾根の取り付きに向かう。ここは標高1,000m。山頂は1,629m、ゆっくり歩いて2時間の里山の登り口である。

c0220374_15565720.jpg


山の半分は、落葉松と赤松が生える。山の残り半分は、広葉樹に覆われていて、ツキノワグマもカモシカも暮らしている。ツキノワグマにはまだ会えていないけれど、2007年の暮れに大きなうんこを見た。カモシカは、いつもうんこばかり見ていたが、今日、その主に出会えた。

...そして続きは
[PR]

by yabukogi | 2009-12-08 16:12 | 筑摩山地・美ヶ原
2009年 08月 12日

天狗岩 09/08/12

【過去の山あるきを記載】

お盆明けに槍ヶ岳に行こうと準備していて、内臓脂肪が邪魔にならないか検証しておきたかった。そこで、08年8月12日に天狗岩をピストンすることに。


VAAMのゼリーを飲んで出かけたら、汗も凄かったが脂肪も燃えたようだ。以来、VAAMを愛用するようになったことは、ひみつだ。


c0220374_14432523.jpg




標高1,700mぐらいの尾根に、立派なダケカンバがある。

c0220374_14454625.jpg


この標高でこの樹に会えるのも、天狗岩の魅力のひとつかもしれない。
[PR]

by yabukogi | 2009-08-12 20:00 | 北ア・前衛の山々
2009年 05月 18日

戸谷峰 09/05/18

いつも来る場所のひとつ、戸谷峰。

ニリンソウの咲き具合を見ようと、2009年5月18日、バスに乗ってぶらぶら出かけた。広葉樹の森を抜け、赤松の尾根を登り、鉄塔のコルを過ぎるとニリンソウが待ち受ける。このときはタイミングよく、満開だった。

c0220374_1244930.jpg




群生地からひとまたぎで山頂に至る。

c0220374_125669.jpg


低山ながら、安曇野の平野を挟んで稜線と向かい合う、この眺望。うーん、いい山だ、ここは。

左端は蝶槍の上に南岳、獅子鼻の岩は南を向いてるためか、黒々としている。中央奥に中岳が白く、あの岩塊斜面はまだ雪に覆われているとわかる。大きく常念岳が大喰岳を隠し、右奥に槍ヶ岳が見えている。写真右端には北鎌独標。独標下の白いラインは常念一ノ沢の雪渓部分。5月の中旬でも、「笠原」から「最後の水場」までたっぷり雪があるのだ。
[PR]

by yabukogi | 2009-05-18 20:00 | 筑摩山地・美ヶ原
2009年 02月 19日

戸谷峰 09/02/19

戸谷峰は、三才山トンネル西の【野間沢橋】というところから取り付くのだけれど、ほかにもコースがある。これは、品庄沢という小さな谷を詰めて、そしていくつかの薮尾根を辿って歩いた時のこと。


c0220374_14101710.jpg

下界には春の兆しが見られた日。でも常念も槍も、真冬の姿で聳立していた。


c0220374_14103122.jpg

ひどい薮漕ぎを覚悟でいたが、赤松林のトゲトゲ下草を除き、おおむねは歩きやすい広葉樹林だった。



この翌日、僕は怪我をして遅い冬眠状態となったのだ。
[PR]

by yabukogi | 2009-02-19 19:07 | 筑摩山地・美ヶ原