その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:臭い ( 3 ) タグの人気記事


2013年 06月 22日

所詮はただの にら男

滝谷ドームの如く、高々と盛り上げられた真白き飯に、ひと箸の生にら醤油漬けを載せる。にらからしたたり落ちる醤油ダレは、いまこの瞬間までどんな色にも染まることを拒んできた汚れなき純白の飯を染めていく。しかも強烈な臭いまでまとわせて。





あぁっ.... はうぅっ....


奇妙な叫びは、呑み込まれる飯に押し戻されて、声にならない。あう、はう、ぬうぅ、男は異様な呻きの末に胃袋を満たし、ようやく沈黙する。



男はもの憂げに身を起こすと、この生にら飯が、目覚めの寝床の浅い夢であったことを、識る。



  □■□

その男はついに、生にらの醤油漬けに手を出してしまった。

しかもベースとなる醤油漬けの醤油、行者にんにくを漬け込むこと一ヶ月、香りと味わい、たっぷりの硫化アリルを溶かし込んだスペシアルな醤油。味わい深いのには、理由があるのだ。

かつてその男、五月のある日、行者にんにくの醤油漬けをこしらえた。その美味さに毎晩の舌鼓を打ち、また友に贈り、食べ尽くしてしまう。残されたものは、具の無い醤油ダレのみ。男は呆然とし、後悔を超えた悔恨の激情の狭間に「あの味わいをもう一度!」と魂の叫びを上げたのだ。そしてついに、失われた行者にんにくへの過度の執着が「ニラでも良くね?」と代替物を発見した次第である。


八百屋に出向き、新鮮なにらを数束、求める。洗って水気を切る。これを刻んで漬け込む。空気に触れぬよう密閉し、冷蔵庫で一晩寝かせ、さらにもう一晩。

しかし、ここで男の計画が破綻する。

土曜日の朝めし。あの生にら醤油漬けを、臭いを気にすることなくたらふく喰ってやろうと企んでいたのだが寝坊、9歳の大豆と7歳の小豆に、白飯をぜんぶ食われてしまったのだ。




  □■□

呆然と空の炊飯器を覗き込んでいた男の視界に、何かが捕らえられた。


あ!
こんな所にこんなものが。



c0220374_98492.jpg

キッチンの棚に放り出されていたのは、マルタイの棒ラーメン、しかも「九州味」ではないか。これをこしらえて、あの生にらを載せものとして堪能するのだ。男は天魔に魅入られたかの如き勢いで鍋を火にかけ煎り胡麻を取り出し半熟玉子をこしらえる。そして....



c0220374_991774.jpg

紅生姜も高菜漬けも、青葱すら切らしていたが、なんとフォトジェニックな生ニラ載せ豚骨ラーメンだろう....。







またひとつ、レジェンドが誕生する瞬間を、目の当たりにしたようだ。
[PR]

by yabukogi | 2013-06-22 09:24 | 喰い物のこと
2013年 05月 25日

たたかえ悪臭番長


帰宅して自室のふすまを開ける。

むぅっという生温かい空気に包み込まれる以前に、僕の鼻孔は、あの強烈な臭いの、ダイレクトな攻撃を受ける。それこそ、すべての感覚器はもとより全身の細胞に、もの凄い臭いが突き刺さる。ただよう、香る、流れるではなく、もの凄い悪臭が突き刺さってくるのだ。



c0220374_11145548.jpg

先日、庭の行者にんにくを漬け込んだことをご報告したが、どんな巡り合わせなのか、また追加分を漬け込むことになった。


 □■□

c0220374_11153496.jpg

かなりの量である。栽培ものだが、信州産の新鮮なものが届いたのだ。

醤油の在庫が足りないので、一升瓶で買い求める。蜂蜜や黒砂糖も買い足す。梅酒を漬け込むガラス瓶まで動員し、黒砂糖仕立て、蜂蜜入りなどと少しずつ味わいを変えて、ぜんぶ漬け込む。




c0220374_11171884.jpg

いちど湯がいて、と紹介されることもあるが、僕のは、生だ。おとこなら、生でゆけ。

行者にんにくたちよ。
凶暴なまでに野趣溢れる、あのもの凄い臭いを凝縮させて、瓶に眠れ。



 □■□

台所の床下に隠したが、家族たちが臭い臭いと騒ぎ立てる。やくなく自室に移し、大きなポリ袋で何重にも密閉したのだが、それでも激しく臭う。いや、すさまじく臭う。



この臭いの中で、数夜を眠った。
夢の中にまでこの臭いは容赦なく無慈悲に侵入し、幾度も幾度も、僕はうなされた。焼き肉やイタリアンを満喫した翌朝の、「しまった臭せぇ!」という感覚に数日間、悩まされた。口の中や息がにんにく臭い錯覚を覚えてしまうのだ。



 □■□

返り討ちにしてやる。

僕はこの決意を胸に、瓶のひとつを開ける。ひとすくいを小皿に盛る。
c0220374_11324854.jpg

うわ!
なにこれ美味い!




いまの僕は、臭い。はげしく臭い。猛烈に臭い。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-25 11:38 | 喰い物のこと
2013年 05月 13日

森の泉の行者大蒜

この週末は外遊びを予定していたが、事情があって延期。埋め合わせに、近所の散歩に出かける。

c0220374_724255.jpg

家から10分ぐらいの丘に立つ。歴史ある観音堂が立っており、まつもとの風景を見晴るかす。正面右の白い稜線は木曽駒ヶ岳。写真では判別できないが、左奥には南アの仙丈ヶ岳や北岳、甲斐駒も顔を出している。ここで珈琲を愉しんだのち、さらに足を進めて丘の裏にある森の奥深く....


c0220374_742545.jpg

窪地に泉が湧く。鳥のさえずり、風が梢を揺らす音、ひそやかな水の流れの音。



3年前、ここで行者にんにくの株を、すこし掘り上げておいた。泉の周辺にはいくつかの群落があっったのだが、採り尽くされてしまったようでもう残っていない。



そうだ、僕が掘り上げたやつは、庭の片隅に定植したのだった。これをすっかり放置していた。



柿の樹の下、茂みの陰に....

c0220374_78015.jpg

青々と葉を延ばしてる。移植しておいて良かった、とふと思う。



c0220374_785010.jpg

元気な株から一番外側の葉っぱだけを失敬する。



c0220374_792666.jpg

洗って水気を切って....



c0220374_795695.jpg

たまり醤油に漬け込む。

時々取り出しては薬味に使い、残ったたまり醤油は調味料として活用しよう。
こうして穏やかな日曜日の時間が過ぎて行った。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-13 07:12 | ぶらぶらと歩くこと