その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:春山 ( 5 ) タグの人気記事


2013年 05月 19日

春常念 2013/05/19

おもに前世紀の出来事だが、銀河帝国や宇宙怪獣たちが、こぞって地球侵略を企てるという事件が続いていた。


かれらは、いや奴らはこの惑星の何を手に入れたくて、あのような蛮行を続け、また繰り返したのだろう。ながいあいだ僕の中で大きなクエスチョンマークが点滅していたのだが、この日、すべての謎が解けた。




c0220374_1834514.jpg

どこまでも美しい、常念。


この風景を所有するためなら、地球防衛軍にフルボッコにされてでも、奪いたくなる。


 ■□■

2013年5月19日。
日付けが変わると同時に僕はパッキングを点検し、念のためにヘッデンの電池を交換。お茶漬けを戴き歯磨きを済ませ、00時45分過ぎ、カブのキックペダルを踏んでエンジンを始動させ、松本の自宅から安曇野へと駈けていった。




c0220374_1883641.jpg

真っ暗な烏川渓谷を震えながら走り、三股のゲートに到着。支度を済ませ補導所のある奥へ向う。




c0220374_1894225.jpg

02時40分、入山者カードに記入して行動開始。どこまでも真っ暗な急登をはぁはぁ言いながら歩く。汗が、吹き出る。


山の神さま。
あの黒くて爪の鋭い坊やが
僕の近くに来ませんように
お願いできませんか?



そうお願いしながら、黙々と2時間。




c0220374_18133010.jpg

途中の04時16分。腕のバリゴの高度計が2000mを越えた頃、ヘッデンを消す。夜明けが近い。




c0220374_18151334.jpg

04時46分。2170mで尾根に乗る。ここは分岐になっていて、写真右方向には積雪期バリ・ルートの東南尾根が伸びている。




c0220374_18175873.jpg

05時16分。高度2253m付近で朝めし。いつもの大福で。




c0220374_1818427.jpg

広やかだった尾根が2300mぐらいから次第に痩せてくる。




c0220374_18195418.jpg

ようやく、これから這い登る前常念が近づいてきた。まだ時刻が早いので雪も締まっている。距離を稼ごう。




c0220374_18203229.jpg

2400m付近で樹林帯を抜ける。左手はハイマツが露出、正面に前常念岳。夏道を嫌って雪の斜面を進む。




c0220374_18215422.jpg

振り返ると、鍋冠山・八丁タルミのうえに富士と南アルプスの巨峰たち。




c0220374_1823284.jpg

06時17分。雪の斜度が増して僕の技量を越える。やむなく左側のハイマツ帯の裏の夏道へ。これは大滝山から蝶ヶ岳、蝶槍。




c0220374_1824528.jpg

花崗岩の岩塊が重なる尾根の道。冬の間、岩が雪の重みで動かされていてとても不安定。浮き石を見極めながら這い登っていく。




c0220374_18263548.jpg

穂高を眺めながら。




c0220374_1827165.jpg

あのハリネズミみたいなコブを越えたら、前常念岳2661.8m。




c0220374_18275970.jpg

07時ちょうど到着。4時間20分かかっている。




c0220374_18285143.jpg

あと200mほど、登らなくてはならない。右奥の高まりが常念岳本峰ピーク。




c0220374_18294228.jpg

常念岳本峰。やはり美しい。足元の左側は常念沢の源頭ですっぱり切れてる。




c0220374_18301624.jpg

08時20分。神の大前に柏手を打つ。左奥に奥穂高岳、白出のコル、涸沢岳。




c0220374_18305187.jpg

槍と裏銀座方向。宇宙怪獣たちは、これをも欲した。




c0220374_18314470.jpg

みなさん、お元気ですか?




c0220374_18321321.jpg

来し方を振り返る。いまからここをひたすら、黙々と下るのだ。




c0220374_18325544.jpg

雷鳥たちが繁殖の季節を迎えているようだ。ぐぇぇぇぇぇえ、ぐぇぇぇぇぇえ。稜線上にいつも声を響かせていた。





c0220374_1834227.jpg

12時20分、三股に下山。本沢の流れは、雪代を集めて轟いていた。






c0220374_18351930.jpg

帰路、安曇野から。

山の神さま、ありがとうございました。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-19 18:42 | 北アルプス・常念山脈
2013年 05月 04日

挫折討死無名稜線

この稜線に上がって、もう2時間近く。

c0220374_2212458.jpg

樹林帯の痩せ尾根には灌木、倒木が続き、容易に距離を稼がせてくれない。いやらしいアップダウンが繰り返される。石楠花が出始めて、これは突破できないから稜線の北側急斜面に貼り付いてトラバースを続ける。そんなことの繰り返しで、ようやく2,150高点を通過、続いて2,250mのコブを越えた。あと少し、あと少し....。


2013年5月3日。
僕は目の前に立ちはだかる無名峰2,467.0の直下、標高2,300m目前の地点で雪の壁を前に歯ぎしりしていた。また追い返されるのか? 事実、前回は薮に敗退しているのだ。

そして僕は今回もまた、退けられた。




■横通岳東方稜線

北ア・常念山脈の横通岳から真東に派生する長大な尾根に、名前はない。便宜的に横通岳東方稜線としておく。稜線は、ふたつの目立ったピークをもたげて尾根を延ばし、浅川山、富士尾山と高度を下げて最後は安曇野に没する。

このふたつのピーク、安曇野では「ふたつ耳」とか「烏帽子・大滝」などと呼ばれることもあるようだ。山麓から眺めれば常念岳・横通岳と並んで、もの凄い存在感で聳えている。
c0220374_22131970.jpg



この稜線上の2467峰(基準点・大滝)が気になってはや数年。2008年3月は偵察まで、同6月には笹が想像以上にはびこり敗退。三度目の正直なるか、と装備を整え訪れてみた。




■またしても、激薮

c0220374_22134449.jpg

安曇野の夜景、その向こうに雪の稜線がほのかに白く浮かび上がっているはずなのだが、見えない。ガスが巻いているようだ。自宅からカブで1時間、真っ暗な林道に突っ込む。長くうねる林道の終点近くなると、ヘッドライトに雪片の軌跡が浮かび上がる。ガスは雪雲なのかもしれない。


夜明け間近。林道の峠地形で、カブを停める。前回は6月だったため尾根は笹薮に覆われ、進路を阻まれた僕は1kmちょっとで引き返している。今回はこの教訓から、締まった雪の上を歩ける4月を狙った。しかし何故か肋骨をポッキリ折ってしまい、GWまで延ばさざるを得なかったのだ。

c0220374_2214069.jpg

準備を済ませ、すぐ背後の斜面に向う。



c0220374_22141647.jpg

ところどころ融けはじめているものの、まだ林床に雪がある。この雪が笹を押さえつけてくれている、いまの時期がラストチャンス。朝日にまぶしいダケカンバの森をゆっくりと登って行く。



c0220374_2214328.jpg

振り返れば雲海の上に、光が満ちる。安曇野は雲の下、夜明け前に見たあのガスの上に居る。



c0220374_22145261.jpg

高度を上げると、雪が深くなる替わりに笹が出てきた。地形的に南の風を受けるのだろうか。



c0220374_2215927.jpg

やばい。笹が...。前回の教訓が生かされていない。




■迂回

ここの笹の突破は、無理。
雪がある斜面を求めて、僕はいちど戻ることにした。


c0220374_22152855.jpg

途中から山腹を北側に巻くように移動すると、浅い谷にはたっぷりの雪が残されていた。



c0220374_22154430.jpg

それでも、もう5月なのだ。あちこちで雪面が割れている。やがて笹の支配が始まる。




行動開始から1.5時間、薮漕ぎせずに尾根の1972高点に到着。北から迂回したのは成功だった。

c0220374_2216364.jpg

帰路、尾根を直進してしまうとあの激薮に突入してしまう。直角に折れる箇所をマーキングしておく。もちろん帰りに回収。




■残雪の尾根

この先、尾根は痩せてくる。地形図でも左右が切れている様子がうかがえる。
c0220374_2216217.jpg

灌木がうるさい。石楠花が出てくる。

樹林帯だから高度感は皆無。しかし尾根の稜線上に灌木や倒木があると、北側をへつるように急斜面に貼り付いてトラバース。南側は笹が出ているためだ。



c0220374_22164917.jpg

早朝、雪は締まっていて歯も爪もよく効く。



c0220374_2217979.jpg

右手前方に、常念山脈北方の稜線がまぶしい。左が合戦尾根と燕岳、あの辺は賑わっていることだろう。一方、この尾根には僕独り。中央がケンズリ、餓鬼岳あたり。右の黒いのは有明山。さらに右には白馬から小蓮華の稜線も。



c0220374_2217557.jpg

目的地、基準点「大滝」の置かれた2467.0峰が見えてきた。まだ遠い。これも北側をトラバース中に撮っている。斜度はおおむねこんな感じ。疲れも出てくる。左手でピッケルを握っている時にアバラが折れた左の背中が痛み出す。



c0220374_22182181.jpg

柏草餅をほおばる。餅系の和菓子は凍りにくくて良い。



c0220374_22184279.jpg

大福も。痛み止めのロキソニンも飲む。



c0220374_2219424.jpg

途中、東沢乗越の奥に、劔が見えていた。不鮮明な画像で申し訳ないけど、本峰と長次郎のコル。



c0220374_22192524.jpg

2467.0峰までもう少し、2150高点に到着。ここから標高差350m、水平歩道のような尾根を来た身に、この登りが堪えた。身体を持ち上げる時に背中が痛んでたまらない。



c0220374_22195282.jpg

山頂下、2,270m付近だと思う。急なやせ尾根の登りで、左は日光に雪が腐って刺さったシャフトを支持できない。右奥には露岩の連なるほぼ岩壁。ちくしょう討死だ。

なんどか息を整えながらも、ここで退却を決める。





c0220374_9124020.jpg

退却地点からの前常念・常念岳の稜線。ましろき屏風のように、左側に立ちはだかっていた。うつくしく巨大、に尽きる。





■反省

GWでは遅かった。やはり4月に来るべきだった。雪が腐って不安定に登るリスクを取ってはいけなかったのだ。4月では林道がデブリに埋まっているのでもっと下から歩くはめになるが、夜明け前に歩いてくれば良いだけだ。

c0220374_22201546.jpg

それから、骨折を早く治そう。折れたままここへ来たのが、間違いだったのだ。




c0220374_221314.jpg

やはり遠かった2467峰。
帰りに眺める。白いのは横通岳、目の前の谷は常念に発する一ノ沢。眼下はるか、写真中央付近に一ノ沢登山口の建物が見える。




■山麓
c0220374_22205942.jpg

安曇野でも田植えが始まる。田んぼに残雪の山々を写して、春は満ちていく。

今回またしても退却となってしまったげれど、僕自身はとても楽しむことができた。雪の上でも身体が動かせたこと(痛みは別にして)、ルートファインディングもそれ自体が楽しいものだった。

山の神さま、ありがとうございました。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-04 09:15 | 北ア・前衛の山々
2010年 05月 06日

春鳳凰の花の宴

テン場には、まだたっぷりの雪。
4月の後半のものに加えて、数日前の積雪。
深いところは股まで潜る。


快晴。数時間のハイクの汗を拭う間もなく、幕を張る。
幕を張り、ダブルウオールのものはフライを掛けるまで、飲まない...
いつしか不文律となった鉄の規律を思い出し、
小屋で買ってきたビアを雪に埋める者もいる。


ペグ、どうするだ? 
ガイラインは後でいいよ、今夜は風が吹かねえずら。
勝手なことを言い合いながら、我慢のふたが音を立てはじめる。
照りつける陽射しに、また汗が流れる。


ううう。しんぼう、たまらん!
ぷしゅっ。

c0220374_1581064.jpg

宴のはじまりだ。
思う存分、飲むがいい。
僕は下界からヱビスを持ち上げた。
ウイスキーは、角瓶1本分。



前夜から滞在して、すでに薬師・観音を往復してきたメンバー。
前前夜に入り、この日は鳳凰小屋を発って地蔵から戻るメンバー。
さらに、この時刻から夜叉神をハイクアップしてくるメンバー。


それぞれの行程ながら、ここに集う時間は、宴だ。
僕は信州牛のサーロインを分厚いステーキで4枚、880gを担ぎ上げたのだ。
腐敗せぬよう、自家製の青唐辛子味噌一年熟成ものを薄く塗ってある。
こいつを炙り、焼き、かぶりつき、味わう。

>>腹が減る続き
[PR]

by yabukogi | 2010-05-06 09:55 | その他の山域
2009年 06月 01日

燕岳 09/05/31-06/01

夏のはじめに、企てがあった。

僕は山小屋(営業小屋)にお客として泊まったことがなかったので、静かな時期の日曜日を選んで燕岳に出かけた。小屋泊まり程度の準備と、一応は残雪に備えた装備を携えて。

合戦尾根を登り降りするのは冬も含めて数回目になろうけれど、残雪期は初めてだった。2009年5月31日、朝から本降りの雨。穂高駅から乗り合いバスにて中房温泉に入り、もうひとり、単独男性と前後しながら燕山荘に向かう。谷の底には新緑が降りてきてみずみすしいみどりに染まり、カッパに包まれながらも気持ちのいいハイキング。だが雪がたっぷり残った合戦小屋・合戦ノ頭を過ぎる頃には、身体が冷えきっていた。


ガスも濃い、みぞれまじりの雨の中、稜線に着く。小屋のストーブに温めてもらってから、寝床に案内してもらう。遅れて着いたお客をまじえ、5人だけ、静かな午後を過ごす。


c0220374_13135252.jpg

日没の頃、ガスが晴れて主稜線が姿を見せてくれた。そしてこのあと、天候は回復に向かう。


c0220374_1314638.jpg

翌朝は槍ヶ岳に続く稜線も、拝めた。
[PR]

by yabukogi | 2009-06-01 20:00 | 北アルプス・常念山脈
2008年 05月 04日

蝶ヶ岳 08/05/04

【過去のハイクを記載】

2008年5月4日。僕自身の永い冬眠の時代を終えて、残雪の蝶ヶ岳へ向かう。貧弱な装備、まだ十分ではない体力、それでもとぼとぼと稜線に辿り着き、目の前の岩の伽藍に圧倒された山行であった。

c0220374_1327460.jpg


あそこに辿り着くには、もう1年ぐらい身体を鍛え直して、昔覚えた雪上技術を取り戻して、それからだ...。そんなことをぼんやりと考えて、快晴の山頂に過ごす。


c0220374_13273844.jpg


穂高、そして槍の美しさと迫力に魅せられもしたが、春霞たなびく安曇野の風景に、息をのんだのだ。




煙草をやめたばかりで、この日はニコチンのことばかり考えて、唇への感触を思い出して、ただただ、辛かったことを思い出す。煙草を持たずに残雪の山を歩いて、歩き通せたら止められると信じて。苦しくなったら蝶ヶ岳の稜線を仰ぎ眺めればいい、そう言い聞かせて。

誤算だったのは、僕の住む松本市街からは、蝶ヶ岳のピークが見えないことだった。
[PR]

by yabukogi | 2008-05-04 23:00 | 北アルプス・常念山脈