タグ:手作り ( 13 ) タグの人気記事


2010年 07月 21日

炎天に干し上げろ。

梅雨の始めに漬け込んだ梅が、いい感じになっていた。


塩分18%。きりりとしょっぱい僕の梅干。紀州産南高梅の3Lサイズの4kgのうち2kg分、もうひとつは地元産品種失念の4kg分を干し上げるのだ。果肉の厚い南高梅は赤紫蘇なしの白梅仕立て、品種失念は赤紫蘇で赤く染め上げた。どちらも甘く香しい特有のフレイバーを放っている。

c0220374_101578.jpg


この状態で炎天下に、さらす。強烈な夏の紫外線が梅の肌を焼く。ときおり、丁寧にひとつずつころっと裏返す。昼間、水分は蒸発して濃厚な味と香りをまとう。夕刻陽が傾くと、こいつらは自身から出た梅酢エキスに戻される。焼いた肌をひと晩、休ませるのだ。夜のあいだに梅酢をたっぷり取り戻した梅は、また数日、お陽さまに炙られる。時には屋根の下で風を受け、夜干しにされることもある。こうして日ごと夜ごと、美味くなる。

 >>続きも、しょっぱい...
[PR]

by yabukogi | 2010-07-21 13:27 | 喰い物のこと
2010年 06月 21日

僕には梅干しがある。

庭の真ん中付近にやたら葉を茂らせる一本の樹があって、仰ぎ見れば実を付けている。


c0220374_432722.jpg


そうか梅だったのか。そういえば三月にこの家を下見に来たおり、花が咲いていたっけ。近頃忙しすぎて、花が散り実を結んでいくような季節や命のいとなみを観察する余裕も無かったのだ。この樹の梅の実は少なくて、数も数えるほど。もう一本ある若い樹の実を合わせても、梅酒をひと瓶作れるぐらいしかない。うぅむ、梅干しを、作ってみたい。

>> で、漬け込んでみて...
[PR]

by yabukogi | 2010-06-21 05:08 | 喰い物のこと
2010年 06月 03日

初夏の味わい二題

木の芽草の芽を味わう山菜の季節が過ぎると、こんな初夏の味わいである。


先日、さるお方が葉山椒の佃煮づくりに励んでおられた。乞うと有り難くもツボをご教授くださったのだ。

c0220374_911102.jpg

木から葉をむしり取る。むしり取ったら、軸をていねいに取り除き、葉っぱをばらばらに。軸を残すと固い歯触り舌触りが好ましくない。この手間が大変で、「お裾分けに貰ったためしがない」と言われるのも、うなずけるのだ。

 >> 飯のあとには、お読みにならぬ方が...
[PR]

by yabukogi | 2010-06-03 10:14 | 喰い物のこと