タグ:常念岳 ( 6 ) タグの人気記事


2013年 05月 19日

春常念 2013/05/19

おもに前世紀の出来事だが、銀河帝国や宇宙怪獣たちが、こぞって地球侵略を企てるという事件が続いていた。


かれらは、いや奴らはこの惑星の何を手に入れたくて、あのような蛮行を続け、また繰り返したのだろう。ながいあいだ僕の中で大きなクエスチョンマークが点滅していたのだが、この日、すべての謎が解けた。




c0220374_1834514.jpg

どこまでも美しい、常念。


この風景を所有するためなら、地球防衛軍にフルボッコにされてでも、奪いたくなる。


 ■□■

2013年5月19日。
日付けが変わると同時に僕はパッキングを点検し、念のためにヘッデンの電池を交換。お茶漬けを戴き歯磨きを済ませ、00時45分過ぎ、カブのキックペダルを踏んでエンジンを始動させ、松本の自宅から安曇野へと駈けていった。




c0220374_1883641.jpg

真っ暗な烏川渓谷を震えながら走り、三股のゲートに到着。支度を済ませ補導所のある奥へ向う。




c0220374_1894225.jpg

02時40分、入山者カードに記入して行動開始。どこまでも真っ暗な急登をはぁはぁ言いながら歩く。汗が、吹き出る。


山の神さま。
あの黒くて爪の鋭い坊やが
僕の近くに来ませんように
お願いできませんか?



そうお願いしながら、黙々と2時間。




c0220374_18133010.jpg

途中の04時16分。腕のバリゴの高度計が2000mを越えた頃、ヘッデンを消す。夜明けが近い。




c0220374_18151334.jpg

04時46分。2170mで尾根に乗る。ここは分岐になっていて、写真右方向には積雪期バリ・ルートの東南尾根が伸びている。




c0220374_18175873.jpg

05時16分。高度2253m付近で朝めし。いつもの大福で。




c0220374_1818427.jpg

広やかだった尾根が2300mぐらいから次第に痩せてくる。




c0220374_18195418.jpg

ようやく、これから這い登る前常念が近づいてきた。まだ時刻が早いので雪も締まっている。距離を稼ごう。




c0220374_18203229.jpg

2400m付近で樹林帯を抜ける。左手はハイマツが露出、正面に前常念岳。夏道を嫌って雪の斜面を進む。




c0220374_18215422.jpg

振り返ると、鍋冠山・八丁タルミのうえに富士と南アルプスの巨峰たち。




c0220374_1823284.jpg

06時17分。雪の斜度が増して僕の技量を越える。やむなく左側のハイマツ帯の裏の夏道へ。これは大滝山から蝶ヶ岳、蝶槍。




c0220374_1824528.jpg

花崗岩の岩塊が重なる尾根の道。冬の間、岩が雪の重みで動かされていてとても不安定。浮き石を見極めながら這い登っていく。




c0220374_18263548.jpg

穂高を眺めながら。




c0220374_1827165.jpg

あのハリネズミみたいなコブを越えたら、前常念岳2661.8m。




c0220374_18275970.jpg

07時ちょうど到着。4時間20分かかっている。




c0220374_18285143.jpg

あと200mほど、登らなくてはならない。右奥の高まりが常念岳本峰ピーク。




c0220374_18294228.jpg

常念岳本峰。やはり美しい。足元の左側は常念沢の源頭ですっぱり切れてる。




c0220374_18301624.jpg

08時20分。神の大前に柏手を打つ。左奥に奥穂高岳、白出のコル、涸沢岳。




c0220374_18305187.jpg

槍と裏銀座方向。宇宙怪獣たちは、これをも欲した。




c0220374_18314470.jpg

みなさん、お元気ですか?




c0220374_18321321.jpg

来し方を振り返る。いまからここをひたすら、黙々と下るのだ。




c0220374_18325544.jpg

雷鳥たちが繁殖の季節を迎えているようだ。ぐぇぇぇぇぇえ、ぐぇぇぇぇぇえ。稜線上にいつも声を響かせていた。





c0220374_1834227.jpg

12時20分、三股に下山。本沢の流れは、雪代を集めて轟いていた。






c0220374_18351930.jpg

帰路、安曇野から。

山の神さま、ありがとうございました。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-19 18:42 | 北アルプス・常念山脈
2010年 06月 07日

雪渓詰めて夏常念

c0220374_14163878.jpg

バラクラバを持って来るべきだったと、すこし後悔していた。

アイゼンを着けている間にも、北アの奥から、黒部源流の方から、凄まじい風が吹き付けて来る。このスナップを撮ってくれた同行のカワムさんとの会話もままならない。その風に乗って、霙か雪か。白くこまかい粒が、昨日のものと思われるトレースの靴型に溜まっていく。ジャケットのフードがめくり返される。

風速のせいか零度近い感覚を持っていたけれど、カワムさんの温度計では気温5度。やがて西から東へと渦巻いていたガスも途切れはじめ、青空が広がってくる。うむ、この空を。この色を見るために、ここへ来たのだ。

>> そう、ここへ...
[PR]

by yabukogi | 2010-06-07 11:44 | 北アルプス・常念山脈
2010年 01月 10日

お山に雪、里も雪

せわしない。

ばたばたと走り回る。安曇野あたりで用事を済ませていたら、雲が切れて常念岳が姿を見せていた。


c0220374_3303552.jpg

雪煙かと見まがうような、荒々しいガスが常念にまとわりつく。常念岳は、松本付近から仰ぐと、前常念岳(2661.8m)と本峰(2857m)が重なるため、きれいな三角錐になる。蝶ヶ岳側のごつごつも、特に午後の日差しを浴びると男前である。しかし裏側、なぜか槍ヶ岳からは山体の曲線が強調されて母なる乳房のようにやさしい姿になるから不思議だ。

まあ、続きというのも何だが...
[PR]

by yabukogi | 2010-01-10 03:34 | 里から眺める山
2009年 11月 26日

槍ヶ岳に、朝が来る

駄ネタで心苦しいのである。松本から見える槍ヶ岳に、朝の光が届く瞬間のおはなし。

幸いにして恵まれたこととして、窓から常念岳と槍の穂先が見える。有り難くてありがたくて、何物にも代え難い。ということはつまり、山に行けない日が続くと、生殺しである。以前どこかにも書いたが、鰻屋の隣に住んでいながら毎日茶漬けを喰らうが如く、時として相当に悩ましい。奔放な貴婦人の部屋に飼われた鳥籠の鳥である。

日帰りして下山後に眺めると、降りてきたことを悔やむ。ああ、嫁から家族から罵倒されようと、天幕から眺めたかったと。その苦しさが、窓辺の眺めをいっそうシリアスにする。


c0220374_22422788.jpg

冬の朝、窓辺に立つとこのようである。ふん、輝いておる。



2年分、季節だけで並べて見てみる。以前からご愛顧の方には申し訳ない。

で、続きが
[PR]

by yabukogi | 2009-11-26 00:00 | 里から眺める山
2009年 09月 09日

常念岳 09/09/09

晴れてさえいれば、毎日眺めることができる常念岳。

いつも出かけるところだけれど、それは特別に特別な場所、ということなのだ。この日、2009年9月9日も日帰りでぶらぶら、しかし気持ちはしゃっきりと出かけている。


c0220374_13453534.jpg


槍ヶ岳を間近に仰ぐ。手前の稜線に【ヒュッテ西岳】、向こうには【肩の小屋】が見えている。標高の違い、地質の違いに起因するのだろう、稜線の植生が全く異なっているのだ。槍の肩から穂高へ続く3,000mの稜線にはハイマツもほとんど生えない... 気象の厳しさを、納得してしまう。




c0220374_13454544.jpg


南岳。よく見ると地層のしましまが見える。信州大学の原山教授という先生が発表しておられるが、槍穂高がかつて巨大火山だった痕跡が、こうして風景にも現れるのだとか。




不注意にもフレームに収まっていなかったが、写真左端、キレットの底に見えている遠い稜線は、加賀の白山。常念山頂に置かれた山名表示板で後に知ったのだ。そして、キレットを見下ろす獅子鼻の上で遊んだのは、この夏のこと。みんなどうしてるかな。
[PR]

by yabukogi | 2009-09-09 20:00 | 北アルプス・常念山脈
2008年 06月 18日

常念岳 08/06/18

【過去のハイクを記載】

さきに、煙草をやめてすぐに蝶ヶ岳へ行った、と書いた。禁断症状が出たら、蝶ヶ岳の稜線を仰いでこらえるんだとも。期待はずれだったのは、自宅からは蝶ヶ岳が見えない。脂汗が吹き出して全身が震えはじめたときに、眺める対象物が無いことだった、


そこで、晴れていれば窓の向こうにでっかく聳える、常念岳に向かった。2008年6月18日のことだ。

c0220374_13424746.jpg


この日、東京から来ていたT氏と行き会い、いまでも手紙のやり取りは続く。


c0220374_134345.jpg


山頂から、やはり視線はこのあたりに向かってしまうのだ。
[PR]

by yabukogi | 2008-06-18 23:00 | 北アルプス・常念山脈