その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:南蛮漬け ( 1 ) タグの人気記事


2013年 05月 07日

そしてまた、酢を喰らえ

魚屋の店先に、小振りの鯵が並んでいた。


ならば南蛮漬けだ。
以前にも鰯を揚げて南蛮に漬込み、思う存分に酸を吐きまくった。毎年初夏の訪れを前に、なぜか作りたくなる南蛮漬け。季節的なものがあるだろうか、と考えてみたら、新玉葱にその答えがあるようだ。当地では安曇野・豊科が玉葱の産地なのだが、こちらのものは山国だけあって6月と遅め。とにかく八百屋に白き新玉葱を見かけると、連想して小魚の南蛮漬けへと発展していくのが、その男の思考のようだ。

余談になってしまうが、その男の新玉葱への偏愛は凄まじい。
味噌汁はもちろん。スライスはお約束。串に刺してフライに。まるのまま鍋で煮る。擦りおろしてドレッシング。小さいものは丸かじり。つまりは、エシャロットやラッキョウ、そしてノビルへの愛と同じく。



小麦をまぶして、揚げろ!
c0220374_10142167.jpg

今回は頭を除らず、腹だけの処理。いつものように、ここで数尾に塩を振って味見。たまらん。




c0220374_10172414.jpg

生野菜は、にんじん、新玉葱。ここへ「悪魔のピクルス」を追加。これは昨年夏の青唐辛子をピクルス液に漬込んであるもの。






毎日、ヨメや婆さまに見つからないようにこっそり、味わう。
そして十日を経て、そろそろなくなりかけを、また愉しむ。

c0220374_1019413.jpg

イニシャル(初回漬込み)時の野菜はとっくに喰ってしまったので、2回を追加している。にんじん、新玉葱、セロリ、そしてあのピクルス。ばりぼりばりぼり、しあわせは、まだ終わらない。




これでたっぷり、酢を喰らうことができた。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-07 12:00 | 喰い物のこと