その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 04日

蝶ヶ岳 08/05/04

【過去のハイクを記載】

2008年5月4日。僕自身の永い冬眠の時代を終えて、残雪の蝶ヶ岳へ向かう。貧弱な装備、まだ十分ではない体力、それでもとぼとぼと稜線に辿り着き、目の前の岩の伽藍に圧倒された山行であった。

c0220374_1327460.jpg


あそこに辿り着くには、もう1年ぐらい身体を鍛え直して、昔覚えた雪上技術を取り戻して、それからだ...。そんなことをぼんやりと考えて、快晴の山頂に過ごす。


c0220374_13273844.jpg


穂高、そして槍の美しさと迫力に魅せられもしたが、春霞たなびく安曇野の風景に、息をのんだのだ。




煙草をやめたばかりで、この日はニコチンのことばかり考えて、唇への感触を思い出して、ただただ、辛かったことを思い出す。煙草を持たずに残雪の山を歩いて、歩き通せたら止められると信じて。苦しくなったら蝶ヶ岳の稜線を仰ぎ眺めればいい、そう言い聞かせて。

誤算だったのは、僕の住む松本市街からは、蝶ヶ岳のピークが見えないことだった。
[PR]

# by yabukogi | 2008-05-04 23:00 | 北アルプス・常念山脈
2008年 04月 28日

戸谷峰 08/04/28

【過去の記録を追加】

08年04月23日、夜の早い時刻に最後の1本を味わう。毎日40〜50本は欠かさなかったショートホープとのお別れである。


翌々日から、熱が出た。
ふらふらといつまでも下がらずに、数日続いた。


もう我慢ができなくなって、家に、市街地にいたら煙草を買いに行ってしまいそうで、裏山に、逃げた。

c0220374_1443119.jpg



この日のことは、実は記憶に無い。前後する日々も、忘れ去ってしまったようだ。ニコチン切れが、それほど苦しかったのだ。


c0220374_14456100.jpg


山頂に続く尾根の一角に、コバイケイソウが芽を出していた。なにか象徴的では、ある。
[PR]

# by yabukogi | 2008-04-28 20:00 | 筑摩山地・美ヶ原
2008年 01月 01日

芥子坊主 04/12/25

【過去の記録を追加)

芥子坊主山(けしぼうずやま)とも、芥子望主とも書くようだ。
山というより、丘だ。

写真を整理していたら、山頂の展望台に、まだ1歳の長男・大豆を抱きかかえて、初冬の山脈を眺めている僕の姿があった。おお、痩せている。2004年12月25日のことだ。遠い昔ということか...。

c0220374_14572048.jpg


大豆の頭の横あたりに、常念岳が見えている。
[PR]

# by yabukogi | 2008-01-01 14:58 | 筑摩山地・美ヶ原