<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 25日

たたかえ悪臭番長


帰宅して自室のふすまを開ける。

むぅっという生温かい空気に包み込まれる以前に、僕の鼻孔は、あの強烈な臭いの、ダイレクトな攻撃を受ける。それこそ、すべての感覚器はもとより全身の細胞に、もの凄い臭いが突き刺さる。ただよう、香る、流れるではなく、もの凄い悪臭が突き刺さってくるのだ。



c0220374_11145548.jpg

先日、庭の行者にんにくを漬け込んだことをご報告したが、どんな巡り合わせなのか、また追加分を漬け込むことになった。


 □■□

c0220374_11153496.jpg

かなりの量である。栽培ものだが、信州産の新鮮なものが届いたのだ。

醤油の在庫が足りないので、一升瓶で買い求める。蜂蜜や黒砂糖も買い足す。梅酒を漬け込むガラス瓶まで動員し、黒砂糖仕立て、蜂蜜入りなどと少しずつ味わいを変えて、ぜんぶ漬け込む。




c0220374_11171884.jpg

いちど湯がいて、と紹介されることもあるが、僕のは、生だ。おとこなら、生でゆけ。

行者にんにくたちよ。
凶暴なまでに野趣溢れる、あのもの凄い臭いを凝縮させて、瓶に眠れ。



 □■□

台所の床下に隠したが、家族たちが臭い臭いと騒ぎ立てる。やくなく自室に移し、大きなポリ袋で何重にも密閉したのだが、それでも激しく臭う。いや、すさまじく臭う。



この臭いの中で、数夜を眠った。
夢の中にまでこの臭いは容赦なく無慈悲に侵入し、幾度も幾度も、僕はうなされた。焼き肉やイタリアンを満喫した翌朝の、「しまった臭せぇ!」という感覚に数日間、悩まされた。口の中や息がにんにく臭い錯覚を覚えてしまうのだ。



 □■□

返り討ちにしてやる。

僕はこの決意を胸に、瓶のひとつを開ける。ひとすくいを小皿に盛る。
c0220374_11324854.jpg

うわ!
なにこれ美味い!




いまの僕は、臭い。はげしく臭い。猛烈に臭い。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-25 11:38 | 喰い物のこと
2013年 05月 19日

春常念 2013/05/19

おもに前世紀の出来事だが、銀河帝国や宇宙怪獣たちが、こぞって地球侵略を企てるという事件が続いていた。


かれらは、いや奴らはこの惑星の何を手に入れたくて、あのような蛮行を続け、また繰り返したのだろう。ながいあいだ僕の中で大きなクエスチョンマークが点滅していたのだが、この日、すべての謎が解けた。




c0220374_1834514.jpg

どこまでも美しい、常念。


この風景を所有するためなら、地球防衛軍にフルボッコにされてでも、奪いたくなる。


 ■□■

2013年5月19日。
日付けが変わると同時に僕はパッキングを点検し、念のためにヘッデンの電池を交換。お茶漬けを戴き歯磨きを済ませ、00時45分過ぎ、カブのキックペダルを踏んでエンジンを始動させ、松本の自宅から安曇野へと駈けていった。




c0220374_1883641.jpg

真っ暗な烏川渓谷を震えながら走り、三股のゲートに到着。支度を済ませ補導所のある奥へ向う。




c0220374_1894225.jpg

02時40分、入山者カードに記入して行動開始。どこまでも真っ暗な急登をはぁはぁ言いながら歩く。汗が、吹き出る。


山の神さま。
あの黒くて爪の鋭い坊やが
僕の近くに来ませんように
お願いできませんか?



そうお願いしながら、黙々と2時間。




c0220374_18133010.jpg

途中の04時16分。腕のバリゴの高度計が2000mを越えた頃、ヘッデンを消す。夜明けが近い。




c0220374_18151334.jpg

04時46分。2170mで尾根に乗る。ここは分岐になっていて、写真右方向には積雪期バリ・ルートの東南尾根が伸びている。




c0220374_18175873.jpg

05時16分。高度2253m付近で朝めし。いつもの大福で。




c0220374_1818427.jpg

広やかだった尾根が2300mぐらいから次第に痩せてくる。




c0220374_18195418.jpg

ようやく、これから這い登る前常念が近づいてきた。まだ時刻が早いので雪も締まっている。距離を稼ごう。




c0220374_18203229.jpg

2400m付近で樹林帯を抜ける。左手はハイマツが露出、正面に前常念岳。夏道を嫌って雪の斜面を進む。




c0220374_18215422.jpg

振り返ると、鍋冠山・八丁タルミのうえに富士と南アルプスの巨峰たち。




c0220374_1823284.jpg

06時17分。雪の斜度が増して僕の技量を越える。やむなく左側のハイマツ帯の裏の夏道へ。これは大滝山から蝶ヶ岳、蝶槍。




c0220374_1824528.jpg

花崗岩の岩塊が重なる尾根の道。冬の間、岩が雪の重みで動かされていてとても不安定。浮き石を見極めながら這い登っていく。




c0220374_18263548.jpg

穂高を眺めながら。




c0220374_1827165.jpg

あのハリネズミみたいなコブを越えたら、前常念岳2661.8m。




c0220374_18275970.jpg

07時ちょうど到着。4時間20分かかっている。




c0220374_18285143.jpg

あと200mほど、登らなくてはならない。右奥の高まりが常念岳本峰ピーク。




c0220374_18294228.jpg

常念岳本峰。やはり美しい。足元の左側は常念沢の源頭ですっぱり切れてる。




c0220374_18301624.jpg

08時20分。神の大前に柏手を打つ。左奥に奥穂高岳、白出のコル、涸沢岳。




c0220374_18305187.jpg

槍と裏銀座方向。宇宙怪獣たちは、これをも欲した。




c0220374_18314470.jpg

みなさん、お元気ですか?




c0220374_18321321.jpg

来し方を振り返る。いまからここをひたすら、黙々と下るのだ。




c0220374_18325544.jpg

雷鳥たちが繁殖の季節を迎えているようだ。ぐぇぇぇぇぇえ、ぐぇぇぇぇぇえ。稜線上にいつも声を響かせていた。





c0220374_1834227.jpg

12時20分、三股に下山。本沢の流れは、雪代を集めて轟いていた。






c0220374_18351930.jpg

帰路、安曇野から。

山の神さま、ありがとうございました。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-19 18:42 | 北アルプス・常念山脈
2013年 05月 13日

森の泉の行者大蒜

この週末は外遊びを予定していたが、事情があって延期。埋め合わせに、近所の散歩に出かける。

c0220374_724255.jpg

家から10分ぐらいの丘に立つ。歴史ある観音堂が立っており、まつもとの風景を見晴るかす。正面右の白い稜線は木曽駒ヶ岳。写真では判別できないが、左奥には南アの仙丈ヶ岳や北岳、甲斐駒も顔を出している。ここで珈琲を愉しんだのち、さらに足を進めて丘の裏にある森の奥深く....


c0220374_742545.jpg

窪地に泉が湧く。鳥のさえずり、風が梢を揺らす音、ひそやかな水の流れの音。



3年前、ここで行者にんにくの株を、すこし掘り上げておいた。泉の周辺にはいくつかの群落があっったのだが、採り尽くされてしまったようでもう残っていない。



そうだ、僕が掘り上げたやつは、庭の片隅に定植したのだった。これをすっかり放置していた。



柿の樹の下、茂みの陰に....

c0220374_78015.jpg

青々と葉を延ばしてる。移植しておいて良かった、とふと思う。



c0220374_785010.jpg

元気な株から一番外側の葉っぱだけを失敬する。



c0220374_792666.jpg

洗って水気を切って....



c0220374_795695.jpg

たまり醤油に漬け込む。

時々取り出しては薬味に使い、残ったたまり醤油は調味料として活用しよう。
こうして穏やかな日曜日の時間が過ぎて行った。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-13 07:12 | ぶらぶらと歩くこと
2013年 05月 11日

正しい朝ご飯


みなさんこんにちは。

正しい朝ご飯、召し上がってますか?



学生の頃、いつもお腹を空かせていたんですが、酒を呑み過ぎた翌朝、特に空腹が激しいということに気付きました。空腹感というより、飢餓感。考えてみたら、酒を買うだけで喰い物を調達する余裕がなく、空っぽの胃袋に酒を流し込み続ける、という馬鹿げたことをしていたわけで....。

で、翌朝に魂というか胃袋が欲するものは、カツカレーか天丼、天ぷら蕎麦。なぜか揚げ物だったのですよ。


不惑を越えて以前のような大食をしなくなり、朝ご飯も納豆や豆腐、梅干ぐらいでいいや!
と生き方そのものをシフトしていたのですが、やっぱり酒を飲んだ翌朝は....



c0220374_11411530.jpg

飲んだ翌朝は、こうでなくちゃあ、いけません。かき揚げ天丼メガ盛り。

新玉葱と人参をかき揚げにしたもので、緑のはピーマンですよ。




c0220374_11421570.jpg

ちゃんとお椀も添えて。昨夜の残り物なんですけどね。
小皿のおかずは、三つありますが、手前は蕗の煮物です。




蕗のことですが....
c0220374_1148289.jpg

美ヶ原の山裾の一角に、こんな小径がありまして、ここを登って行くのです。すると....




c0220374_11492094.jpg

こんなに気持ちの良い窪地が開けておりまして、ここに蕗が生えているのです。しかもこの地方の今ごろでは絶対お目にかかれない、ぶっとい蕗なんですわ。




ほら。
c0220374_1150123.jpg

比較対象がないので判りづらいのですが。




c0220374_11504325.jpg

下茹でして皮剥いて、お好みの味わいに炊き上げて。




小皿に話を戻しますが、煮物の左上の味噌。この味噌は先日書きました「ねんぼろの唐辛子味噌」ですよ。美味いのなんの。



最後の、右のやつですが、これは蕗味噌。
早春の味わいを今ごろ?

ええ。連休に出かけた北ア稜線手前の薮尾根で、今ごろ顔を出してたやつをいくつか拾ってきました。蕗の煮物とはちょっと違った、もっと若々しい感じの蕗の香り、たまりませんなあ。






みなさまも、朝ご飯は正しくなさいませ。
特に40代以降、パワー不足を感じておられるような方々は、一日の始まりにこうやって脂質をたっぷりと摂取なさいませ。ましてや酒を飲んだ翌朝は、こうやってがっつりとカロリー補給なさいませ。さすれば、ふたたびあの頃のようなみなぎるエナジーを、実感できるやも、しれません。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-11 12:03 | 喰い物のこと
2013年 05月 07日

そしてまた、酢を喰らえ

魚屋の店先に、小振りの鯵が並んでいた。


ならば南蛮漬けだ。
以前にも鰯を揚げて南蛮に漬込み、思う存分に酸を吐きまくった。毎年初夏の訪れを前に、なぜか作りたくなる南蛮漬け。季節的なものがあるだろうか、と考えてみたら、新玉葱にその答えがあるようだ。当地では安曇野・豊科が玉葱の産地なのだが、こちらのものは山国だけあって6月と遅め。とにかく八百屋に白き新玉葱を見かけると、連想して小魚の南蛮漬けへと発展していくのが、その男の思考のようだ。

余談になってしまうが、その男の新玉葱への偏愛は凄まじい。
味噌汁はもちろん。スライスはお約束。串に刺してフライに。まるのまま鍋で煮る。擦りおろしてドレッシング。小さいものは丸かじり。つまりは、エシャロットやラッキョウ、そしてノビルへの愛と同じく。



小麦をまぶして、揚げろ!
c0220374_10142167.jpg

今回は頭を除らず、腹だけの処理。いつものように、ここで数尾に塩を振って味見。たまらん。




c0220374_10172414.jpg

生野菜は、にんじん、新玉葱。ここへ「悪魔のピクルス」を追加。これは昨年夏の青唐辛子をピクルス液に漬込んであるもの。






毎日、ヨメや婆さまに見つからないようにこっそり、味わう。
そして十日を経て、そろそろなくなりかけを、また愉しむ。

c0220374_1019413.jpg

イニシャル(初回漬込み)時の野菜はとっくに喰ってしまったので、2回を追加している。にんじん、新玉葱、セロリ、そしてあのピクルス。ばりぼりばりぼり、しあわせは、まだ終わらない。




これでたっぷり、酢を喰らうことができた。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-07 12:00 | 喰い物のこと
2013年 05月 04日

挫折討死無名稜線

この稜線に上がって、もう2時間近く。

c0220374_2212458.jpg

樹林帯の痩せ尾根には灌木、倒木が続き、容易に距離を稼がせてくれない。いやらしいアップダウンが繰り返される。石楠花が出始めて、これは突破できないから稜線の北側急斜面に貼り付いてトラバースを続ける。そんなことの繰り返しで、ようやく2,150高点を通過、続いて2,250mのコブを越えた。あと少し、あと少し....。


2013年5月3日。
僕は目の前に立ちはだかる無名峰2,467.0の直下、標高2,300m目前の地点で雪の壁を前に歯ぎしりしていた。また追い返されるのか? 事実、前回は薮に敗退しているのだ。

そして僕は今回もまた、退けられた。




■横通岳東方稜線

北ア・常念山脈の横通岳から真東に派生する長大な尾根に、名前はない。便宜的に横通岳東方稜線としておく。稜線は、ふたつの目立ったピークをもたげて尾根を延ばし、浅川山、富士尾山と高度を下げて最後は安曇野に没する。

このふたつのピーク、安曇野では「ふたつ耳」とか「烏帽子・大滝」などと呼ばれることもあるようだ。山麓から眺めれば常念岳・横通岳と並んで、もの凄い存在感で聳えている。
c0220374_22131970.jpg



この稜線上の2467峰(基準点・大滝)が気になってはや数年。2008年3月は偵察まで、同6月には笹が想像以上にはびこり敗退。三度目の正直なるか、と装備を整え訪れてみた。




■またしても、激薮

c0220374_22134449.jpg

安曇野の夜景、その向こうに雪の稜線がほのかに白く浮かび上がっているはずなのだが、見えない。ガスが巻いているようだ。自宅からカブで1時間、真っ暗な林道に突っ込む。長くうねる林道の終点近くなると、ヘッドライトに雪片の軌跡が浮かび上がる。ガスは雪雲なのかもしれない。


夜明け間近。林道の峠地形で、カブを停める。前回は6月だったため尾根は笹薮に覆われ、進路を阻まれた僕は1kmちょっとで引き返している。今回はこの教訓から、締まった雪の上を歩ける4月を狙った。しかし何故か肋骨をポッキリ折ってしまい、GWまで延ばさざるを得なかったのだ。

c0220374_2214069.jpg

準備を済ませ、すぐ背後の斜面に向う。



c0220374_22141647.jpg

ところどころ融けはじめているものの、まだ林床に雪がある。この雪が笹を押さえつけてくれている、いまの時期がラストチャンス。朝日にまぶしいダケカンバの森をゆっくりと登って行く。



c0220374_2214328.jpg

振り返れば雲海の上に、光が満ちる。安曇野は雲の下、夜明け前に見たあのガスの上に居る。



c0220374_22145261.jpg

高度を上げると、雪が深くなる替わりに笹が出てきた。地形的に南の風を受けるのだろうか。



c0220374_2215927.jpg

やばい。笹が...。前回の教訓が生かされていない。




■迂回

ここの笹の突破は、無理。
雪がある斜面を求めて、僕はいちど戻ることにした。


c0220374_22152855.jpg

途中から山腹を北側に巻くように移動すると、浅い谷にはたっぷりの雪が残されていた。



c0220374_22154430.jpg

それでも、もう5月なのだ。あちこちで雪面が割れている。やがて笹の支配が始まる。




行動開始から1.5時間、薮漕ぎせずに尾根の1972高点に到着。北から迂回したのは成功だった。

c0220374_2216364.jpg

帰路、尾根を直進してしまうとあの激薮に突入してしまう。直角に折れる箇所をマーキングしておく。もちろん帰りに回収。




■残雪の尾根

この先、尾根は痩せてくる。地形図でも左右が切れている様子がうかがえる。
c0220374_2216217.jpg

灌木がうるさい。石楠花が出てくる。

樹林帯だから高度感は皆無。しかし尾根の稜線上に灌木や倒木があると、北側をへつるように急斜面に貼り付いてトラバース。南側は笹が出ているためだ。



c0220374_22164917.jpg

早朝、雪は締まっていて歯も爪もよく効く。



c0220374_2217979.jpg

右手前方に、常念山脈北方の稜線がまぶしい。左が合戦尾根と燕岳、あの辺は賑わっていることだろう。一方、この尾根には僕独り。中央がケンズリ、餓鬼岳あたり。右の黒いのは有明山。さらに右には白馬から小蓮華の稜線も。



c0220374_2217557.jpg

目的地、基準点「大滝」の置かれた2467.0峰が見えてきた。まだ遠い。これも北側をトラバース中に撮っている。斜度はおおむねこんな感じ。疲れも出てくる。左手でピッケルを握っている時にアバラが折れた左の背中が痛み出す。



c0220374_22182181.jpg

柏草餅をほおばる。餅系の和菓子は凍りにくくて良い。



c0220374_22184279.jpg

大福も。痛み止めのロキソニンも飲む。



c0220374_2219424.jpg

途中、東沢乗越の奥に、劔が見えていた。不鮮明な画像で申し訳ないけど、本峰と長次郎のコル。



c0220374_22192524.jpg

2467.0峰までもう少し、2150高点に到着。ここから標高差350m、水平歩道のような尾根を来た身に、この登りが堪えた。身体を持ち上げる時に背中が痛んでたまらない。



c0220374_22195282.jpg

山頂下、2,270m付近だと思う。急なやせ尾根の登りで、左は日光に雪が腐って刺さったシャフトを支持できない。右奥には露岩の連なるほぼ岩壁。ちくしょう討死だ。

なんどか息を整えながらも、ここで退却を決める。





c0220374_9124020.jpg

退却地点からの前常念・常念岳の稜線。ましろき屏風のように、左側に立ちはだかっていた。うつくしく巨大、に尽きる。





■反省

GWでは遅かった。やはり4月に来るべきだった。雪が腐って不安定に登るリスクを取ってはいけなかったのだ。4月では林道がデブリに埋まっているのでもっと下から歩くはめになるが、夜明け前に歩いてくれば良いだけだ。

c0220374_22201546.jpg

それから、骨折を早く治そう。折れたままここへ来たのが、間違いだったのだ。




c0220374_221314.jpg

やはり遠かった2467峰。
帰りに眺める。白いのは横通岳、目の前の谷は常念に発する一ノ沢。眼下はるか、写真中央付近に一ノ沢登山口の建物が見える。




■山麓
c0220374_22205942.jpg

安曇野でも田植えが始まる。田んぼに残雪の山々を写して、春は満ちていく。

今回またしても退却となってしまったげれど、僕自身はとても楽しむことができた。雪の上でも身体が動かせたこと(痛みは別にして)、ルートファインディングもそれ自体が楽しいものだった。

山の神さま、ありがとうございました。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-04 09:15 | 北ア・前衛の山々
2013年 05月 02日

部屋を晒します

わたしの、汚い部屋の内部を晒そうと思います。


木造モルタル2階建て、築38年の戸建住宅の1階です。南東角にあたる8畳の和室を占有しております。

家財に相当するモノはほとんど所有しておりません。蔵書もほとんど処分してしまいましたので、書棚ひとつの文庫、ハードカバーが残るだけです。衣類は、スーツと礼服が夏冬各々ある以外、全部、山服です。ジーンズが1本あるかないかです。話がそれますが、ストームゴージュのパンツって、一年中役立ちますね。3本あって、2本がアルパイン、1本が非アルパイン、モンベルの七分丈ライトニッカーみたいなのを合わせると、あとは要りません。これで1年履き回しですよ。うちの團のきまつ部長は、パタのトラバースパンツを評して「トレランから春の園遊会まで」と書いてましたが、ストームゴージュも「野良仕事から神輿の渡御まで」って感じであります。

あぁ、脱線してしまいました。

わたしの部屋です。
先日、わたしの体内の水分はモルトなんです、ってカミングアウトしたばかりなんですが、その際に、壁の棚の一部をご紹介いたしました。
c0220374_739333.jpg

わたしの棚であります。






すこし下がると、こうなります。

c0220374_740965.jpg

おや? ナベやマグの配置が違う?

これは、どれもこれも、ほぼ毎日使ってるからなんです。
上の段の真ん中、SPの焚が写っていますが、これはウーロン茶の煮出しに使います。濃いやつを作ってがぶがぶ飲みますと、デトックス感がすごいんですよ。2段目のマグ類は、弁当ランチにどれかしら持って行ってます。左ふたつ、SPと焚と極のマグがありますが、これはハンドルが短くて使いづらく、エバニューのチタンマグ(赤いポットの左)の方にハンドルの利点がありますね。

おっと、ククサが写ってますね。大親友から贈られたもので、寝床で寝っ転がって寝酒を舐めるときに、使うんですよ。



この棚は、コメリドットコムで買った、ホワイトパインの2X4材と1X4、1X1だけで作られています。組立はコーススレッドビス、強度が必要な箇所には、USシンプソン社の補強金具が使われています。

さらに、複数の棚が直角に連結されたり向かい合ったりしており、それぞれを2X4材の梁がつないでいます。なので完全自立式のうえ部屋の柱と梁に突っ張る格好で、巨大地震が来ても崩れることはないと思っています。ですから梁からぶら下がろうが、びくともしません。なお、テーブル板を除いた材料費は、約12,000円でした。すこしカメラを引いてみましょうか?






c0220374_7503376.jpg


ちょっと!

なんていう散らかり具合ですか。掃除とかしないんでしょうかその男...。


窓辺なのに、まさに穴蔵ですね。巣穴です。その男、引きこもり感が半端ないですね。孤立感、絶望感、行き止まり、終着駅、デッドエンド、いろんな言葉が浮かんでまいります。

でも、その男本人は【砦】のつもりなんです。【要塞】なんです。見えない敵と戦ってるのでしょうか? 
それとも、同じ屋根の下の何かに、危険を感じることがあるのでしょうか。



じつはこの棚、天井近くと床のところで画面の右方向にずーっと続いてまして、その先は吊り下げ棚と書棚になってるんです。茶色い板のデスク面も、さらにあと3メートルぐらい。そこで壁にぶつかるんですが、90度折れましてまたずーっと梁が続いてるんです。こうして部屋全体の頭上に梁が張り巡らされているので、なんでも吊り下げておけるんです(註)。靴下もグローブも書類も酒のツマミも山道具も、見上げればすぐに見つかるんです。探す手間が省けて、楽なことこの上無し。


ええ。
吊り下げ式にする以前、もの探しに一日のほとんどを費やしていたんですから。歳は取りたくないですね。


ではごきげんよう。明日は、少しだけ高い所に出かけてきます。




注釈
2週間前に原因不明の肋骨骨折が発生して以来、寝床から起き上がるときの激痛を、この天井の梁で免れたのですよ。梁の2X4材にタイオフでぶら下げたシュリンゲとディジーチェーンを引っ掴んで、起きたり姿勢を変えたりしたんですね。ですからみなさん、何時肋骨が折れるか解らないわけですから、骨が何ともないうちに部屋中に梁を設けておくべきなんです。こんな風に、『備えよ常に』ってのが、我らが幕営団の座右の銘なのです。

[PR]

by yabukogi | 2013-05-02 18:03 | 書くまでもないこと
2013年 05月 01日

わたしのヴァケィション

本日から数日間、わたしにも休暇という、天からの授かりもの。




わたしは、火を焚きました。

c0220374_1715983.jpg



わたしは数日前、山尾省三さんの詩を引用して

 火を焚くことができれば それでもう人間なんだ

ということばを紹介しました。




休暇の初日に、わたしは火を焚く必要がありました。仕事に追われてきたこの身と魂を、炎で清める必要があったからです。あばらが折れていなければ、高い山へ出かけて大地を褥(しとね)に眠り、岩のひんやりした手触りや白き雪肌に反射する陽光から、清めてもらうこともできたのでしょうが....。

兎にも角にも、清めてもらうために火を焚きました。



無目的な火を焚いて、揺れる炎を無言で眺める時間、それが人を人たらしめる時間なのでしょう。もしかしたら焚き火には、生産的な目的があってはならないのかもしれません。



c0220374_1723185.jpg

わたしには、火を焚く目的がありました。心身の清め以外にも、腹を満たす必要があったのです。

背黒いわしの干物は。、2割引でした。
ボウルのどどめ色の気色悪いものは、地鶏のレバーです。



c0220374_17253745.jpg

タレに漬けておいたためか、味わい深く、香ばしく焼き上がりそうです。



c0220374_17261712.jpg

もちろん、ふっくらとジューシーな味わいであったことをお知らせしなければなりません。



c0220374_17271382.jpg

先日も書きましたように、炎と同じ作用で、喉を墜ちて行く熱からも清めていただきました。手前は、炎を沈めるための泡であります。





お休みの方にも、お仕事の方にも、穏やかでやすらかな、忘れ得ぬ五月の始まりという日々が訪れますよう、信州の片隅からお祈り申し上げます。
[PR]

by yabukogi | 2013-05-01 17:32 | 書くまでもないこと