その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

真冬のアヒージョ

こぼれるようなむっちむちの、白いぷりんとした身を、こころゆくまで味わい尽くしたい。
時間をかけ、愛撫を加えるかのようにその身を転がし、しゃぶり尽くしたい。


あたたかくて心もぬくめてくれそうな、アヒージョと言うスペイン風の調理法を教わったので、寒い部屋で試してみることにした。海老である。牡蛎である。そう、僕の好みから言えば、牡蛎である。ところが信州では、新鮮な海老や牡蛎をひょいと入手するのも難しい。

あぁ... 牡蛎を食べたい...。山が近いのは嬉しいが、海はかくまで遠し。


えぇい。地鶏じゃ!


牡蛎への執着を振り払うように地鶏の砂肝に照準を定め、ひとパックを求める。持ち帰り、塩と酒をたっぷりにまぶす。1時間ほど置いてからこれを流水で洗う。もみ洗いしてから切り分け、さらに切り込みを入れる。ペーパーで水気を拭っておく。

この間に、EXバージンオイルでクッカーを満たし、たっぷりの国産にんにく、庭の鷹の爪、月桂樹の葉を投じておいた。
c0220374_851424.jpg

実はこの同じ時、金沢の友人Jollyが【牡蛎祭り】なるけしからんイベントに出かけ、炭火で牡蛎を焼いて喰らおうとしていたことが判明、これは後述する。


c0220374_842813.jpg

ミニトラのナベにさきのにんにくオイルと追加の生にんにく、下ごしらえした砂肝を放り込み、スパイダーの火力全開で加熱開始。ただし、アヒージョという調理法は一気に高温加熱するのではなく、後半は余熱で火を通す趣旨のようだ。オイルがあたたまってぐつぐつ言い始めたところで、弱火に。


c0220374_8865.jpg

良い香りである。たまらん。

ん?
なんだか、砂肝の裏側に加えた切り込みを見ていると気持ちが悪くなってきた。悪魔のエラ、とか悪性生物の臓器みたいなものを連想させるではないか....


しかし良い香りである。火が通ったようだ。
c0220374_89523.jpg

グロテスクを超える、味と香り。最高!


で、一方の金沢のJollyである。
僕が砂肝を味わい尽くしてフォークを置いた瞬間。
けしからんことに牡蛎を堪能している様子を送りつけてきた。
c0220374_8111383.jpg

「アヒージョ最高!」「牡蛎うまー」などのメッセージを添えて。くやしい。


砂肝で満たされてしまったおのれの敗北感たるや...
これは北陸に出向いて砂肝の敵を牡蛎で取らねばなるまい。






c0220374_7474430.jpg

あぁ...寒い。お城の天守閣も震えていらっしゃる。この季節なら、山のテン場へも生のモツ類携行が可能だろう。オイルはナルゲンの広口に入れて運べば良いし、残ったオイルはバゲットで拭ってしまえ。
[PR]

by yabukogi | 2013-01-27 08:18 | 喰い物のこと
2013年 01月 20日

その岩は、白いか黒いか?

またまた山の小ネタ。


シームレス地質図】というサービスがある。GoogleMapに重ね合わせた地質図を閲覧できるというものだ。

地質図?
要するに足下の地面、そこが土壌か岩盤かも含めて、どんな岩石で出来ているか、を表している。日本列島がユーラシア大陸の外縁部で形成され始めた頃から、その永い年月をそのまま刻み続けてきた大地の記憶。




 ■□■

たとえば、あなたは上高地で梓川の畔を明神、徳沢と歩いてきたとする。このまま槍沢を登って今夜は殺生のテント場に、なんて感じ。横尾で左手に涸沢圏谷に向かう橋を見送る。横尾山荘を過ぎて森の中に入った時、足下を見る。その石ころは、間違いなくぜんぶ黒い。真っ黒だ。右側、蝶ヶ岳の稜線から落ちてくる小沢の石ころも、全部黒い。

一ノ俣が近づいてきた。ふと左手の槍沢の流れを見ると、岩も石も、ぜんぶ白くなっている。一ノ俣にかかる橋から川底を見れば、真っ白い砂が溜まっている。



さっきの真っ黒だった岩と石ころは、「メランジュ」と呼ばれるジュラ紀の岩だそうだ。メランジュはメレンゲと同じ、かき混ぜられたの意。海底に溜まった泥んこが、地下深いところでぐちゃぐちゃにかき混ぜられて固められたもの。蝶ヶ岳・大滝山あたりから遠く京都の丹波、氷ノ山までつながっている。

一方の白いのは白亜紀の花崗岩。巨大マグマが地下深くでゆっくりと冷やされてできたそうだ。霞沢岳の西尾根あたりから常念岳・燕岳、裏銀座、上の廊下、北は劔の北方稜線まで続く巨大岩体。ただし赤木沢のナメを作りトロを囲む花崗岩はもう少し古いやつらしい。

つまりは、黒いメランジュと白い花崗岩の境界線が、一ノ俣の手前辺りにあったというだけのこと。




 ■□■

槍から穂高への稜線は、比較的新しい時代に超巨大火山が噴火した際、もの凄い高温の火砕流がその熱で固められて出来たらしい。信州大学の地質学、原山先生というお方が本に書いておられた。

ただ、槍ヶ岳のあのトンガリ、正確には飛騨乗越から肩の小屋、そして大小の穂先だけは古い古い、古生代デボン紀から石炭紀の「長門変成岩類」と呼ぶそうだ。その歴史たるや3-4億年。海にはアンモナイトが泳ぎ回っていて、Wikiには「動物の陸上進出」とある。当然、槍も穂高も姿かたちも無く、この列島も大陸の「へり」だったころに造られた岩の名残だ。

もうひとつ、上高地温泉ホテルの裏に、ウエストン卿のレリーフがあるあの岩。あの岩は、発見した前述の原山先生によると「滝谷花崗閃緑岩」といって、地球上で最も新しい(若い)基盤岩だという。基盤岩というのは地球のかさぶたみたいな即席の溶岩とかじゃなくて、大地の骨格を造る岩のこと。約176万年前に出来て、それがこんな短期間に地表に露出した、という事実が、北アルプスの急激な隆起を物語っているそうだ。詳しい続きは、山と渓谷社から本が出てる(ISBN-10: 4635201015)。

c0220374_174951.jpg


そういえば、このレリーフがある尾根の反対側を、西穂高の小屋に登るコースが付けられている。そこには隠れるようにヘリポートがあって、荷揚げの日には山小屋の関係者が下界からわんさか集まる。ラマやス-パ-ピュ-マの爆音がみんなの顔を明るくする。ヘリが飛べる、それは無事に荷揚げが進むことを意味するからだ。こっそり書くけど、ス-パ-ピュ-マのエンジン音は凄いよ。ラマはせいぜい1tしか積めないけど、ス-パ-ピュ-マは3t超えるぐらい運ぶから。こいつが飛ぶと、稜線の山小屋にはたっぷりの酒や食糧が届く訳だ。




 ■□■

またまた、役に立たないネタだった。

でもね。
眺めのいい岩尾根のテラスで一服しながら、あるいは沢深く大滝に挑みながら、もしかしたら垂壁のボロボロのリスにナッツが効かないと悪態をつきながら、この岩は何億年前に生まれた岩なんだ、って撫でてみよう。撫でたところで、そのナッツががっちり噛んでくれる訳じゃないけど。
[PR]

by yabukogi | 2013-01-20 20:00 | 山の小ネタ
2013年 01月 19日

塩+ごま油+生にんにく

鶏レバを喰らうに「塩とごま油が最強」と力強く宣言したところ、sijimi001さんというお方から「にんにくも!」とお教え頂いた。


ふむ。にんにくも、悪くない。
そこで先日の焼き焼きでは、鶏レバをこの方式で試すことになった次第である。


いつものように七輪に豆炭を熾し、竹串に刺した新鮮なレバを載せる。じゅうじゅう音を立てている串に向かって、沖縄の海の塩を降らせる。熱にぷるぷると震えているレバを凝視していると、僕はだんだん辛抱がきつくなってきた。誰かに見られたらまずいぐらい、あぐぅとかはふぅとか声を上げながら、焼き上がりを待った。


c0220374_11381144.jpg

ごま油をたら〜り、そこへ八ヶ岳山麓で穫れた六片種の生にんにくを擦りおろす。この段階で、ごまの香りと生にんにくの甘く爽やかな芳香が暴力的なまでのハーモニーを奏でている。


焼き上がったレバを、ここへ投入。もう待てん!

c0220374_11404381.jpg


んはぁぁぁ.....

なんという、わいせつな味なのだ。





「背徳」という言葉が脳内に閃光を放っていた。
隣人の妻、とか兄嫁とか、そういうことばと共に。


食してはいけなかったのだ。あやまちだった。試みるのではなかった。申し訳ないことをした。恥ずべきことであった。済まなかった。決して繰り返してはならない。罪を重ねてはならない。二度とこのような...


ありとあらゆる反省と謝罪の言葉が渦巻き、僕は混乱してしまった。錯乱と言っても良い。なんとわいせつなあじわいなのだ。これは、僕を滅ぼす味だ。






そのような次第で賢明な皆さん。
炭火で炙った鶏レバを、塩+ごま油+生にんにく で味わうのは、およしになった方が良い。






sijimi001さん、どうもありがとう!
[PR]

by yabukogi | 2013-01-19 13:04 | 喰い物のこと
2013年 01月 10日

眠れぬ夜の三角点

c0220374_18475348.jpg



山の小ネタということで、お暇つぶしにどうぞ。



国土地理院が【基準点成果等閲覧サービス】というサイトを運用している。電子国土ベースに水準点、基準点などの個別な情報を提供してくれるものだ。水準点、基準点とは地図作りに必要な三次元上の「点」のことで、少し前に新田次郎の『点の記』が映画化されたことは記憶に新しい。



基準点とほぼ同義で使われる「三角点」の方が我々ハイカーにはなじみ深い。
上に書いたサービスでは、この三角点の個別の情報を見ることができる。

ただ、それだけ。


そう。それだけ。


たったそれだけなんだけれど、眠れぬ夜にMacのディスプレイの前に座って地形図を眺め、あの尾根この谷とハァハァ言ってる僕には、とても愉しいのだ。


c0220374_22384176.jpg

奥穂の嶺宮様の祠の辺りを探しても、三角点は無い。三角点の名前が【穂高岳】と名付けられているのは、前穂の山頂標識のすぐ南側にある、一辺18センチの花崗岩の石柱である。しかもこれ、一等三角点。そもそも三角点は測量のための基準点だから、別に最高地点の奥穂のてっぺんにある必要は無く、見通しとか角度とかそういう理由で設置場所が選ばれたのだろう。



同じことが、常念でも起きている。

c0220374_2246265.jpg

穂高のケースと同じように、一等三角点【常念岳】は常念のてっぺんには無く、前常念岳2661.8mのピークにある。ピークと言っても尾根の一角のようなところだ。ここも常念本峰ではなく、測量上ここで良かったのだろう。


べつに知ったからとて何の為にもならん話だけれど、ハァハァ眺めていると、「あれれ?」と思えるようなことも沢山出てきた。

裏銀座の稜線を眺めていたときだ。

c0220374_22551577.jpg

おぉ。
【烏帽子岳】の三角点は、北隣の南沢岳てっぺんにあるのか....。そういえば烏帽子のてっぺんはでっかい花崗岩の塊で、あの岩に石柱を埋め込むのは面倒くさそうだ。



そのまま針ノ木まで辿ってきて、また唸った。
c0220374_22575194.jpg

おや。針ノ木の三角点名は【野口】になっている。野口というのは大町の地名で、高瀬川のほとりにあたる。むかしから針ノ木峠が通じていたから、針ノ木岳は「野口村の奥の山」と捉えられていたと想像できる。



こんな風に、あの山この山と三角点(基準点)の名前を眺めていて、奇妙なこともあった。

c0220374_2342526.jpg

雨引山というのは常念山脈の前衛の山で、古くから雨乞いの山として祀られていたらしい。ここの三角点が、【唐沢山】と名付けられている。唐沢山はすぐ隣の山なのだけれど。

このためか、数年前まで道路地図やあちこちのネットの地図でも、ふたつの山の名前が入れ替えられて表記されていた。


北アのもっと北、朝日岳でも、ちょっと不思議なことが。
c0220374_239513.jpg

朝日岳の三角点名が【雪倉】になっている。雪倉山というおやまはふたつ離れた別のお山。ちなみに雪倉山の三角点名は【六兵衛】。



地図が作られた当時、測量官が地元の案内人に尋ねたのだろう。
 「あの山は、なんと申す?」
 「へい六兵衛と申します、あの山に入る杣(そま=樵)の頭が六兵衛と申します」

そんなエピソードに思いを巡らし、ぼんやりと脳内の山旅を楽しむのも、悪くない。



あなたがこんど歩く尾根の無名ピークにも、歴史を秘めた名前が冠されているかもしれない。



 ■□■

 あのさあ、マタタビの件だけど。




 おいよく聞け。眠れないのはマタタビ舐めてないからじゃない。
 おまえ、朝も昼も夕方も、ずっと寝てるじゃん。
 寝過ぎだっつーの。



[PR]

by yabukogi | 2013-01-10 18:51 | 山の小ネタ
2013年 01月 05日

なんてシルキーな午後だろう


c0220374_16332093.jpg



やあみんな、絹ごし豆腐を愉しんでるかい?

前にも書いたけど、僕は豆腐が大好きなんだ。
それもスーパーで30円ぐらいで売ってる安いやつで十分満足なんだ。


穏やかな午後だ。
こんな午後に、どうして豆腐を愉しむことにためらいがある?

c0220374_1636364.jpg

ミニトランギアのナベに昆布を敷いて、白菜の芯の方を削ぎ切りにして並べて、まずは鶏肉を煮る。
ぐつぐついってきたら弱火にして、鶏肉を味わう。白菜も。

左の方に小さな片口が写ってるけど、ここにはね...。
醤油に酒を加えて、黒砂糖すこしとたっぷりの唐辛子を放り込んで、寝かせておいたやつ。
辛いよ。そして美味いんだ。

これに酢を足して、うふふ。


鶏肉を堪能したら、豆腐を入れよう。
白菜やネギと一緒に、こうして用意してある。
c0220374_1640022.jpg




さあ、あったまろうよ。
c0220374_16402129.jpg




ねこの小遣い?

ぜったい上げてなんかやるもんか。
だったらこの豆腐を、もう一丁買うさ。
[PR]

by yabukogi | 2013-01-05 17:15 | 書くまでもないこと
2013年 01月 02日

烈風戸谷峰

元日深夜、エスパースの中で眼を覚ます。僕の部屋は寒くて、冬はこのテントの中で寝ているのだ。島々谷の一角にある或る尾根に出かけよう、そう考えてパッキングも済ませてあったが、部屋の中は闇の底。「もうひと眠り...」とまたまぶたを閉じた。


東の窓が明るみ、1月2日の朝が訪れた。僕はテントを抜け出し、ストームゴージュを履き、ソフトシェルを羽織り、バラクラバとグローブを身に着け、パッキングの済んだパックを担いだだけでカブに股がった。実際には茶漬けをすすり歯磨きとトイレも済ませて。


行き先は、島々谷ではなかった。すぐ裏山の、戸谷峰。

戸谷峰は美ヶ原の北側の山群のひとつで、松本市街地からその大きな姿が望まれる。目立つ割に静かで篤志家たちに知られる程度の里山だったが、松本市が【美ヶ原高原ロングトレイル】として遊歩道を整備し始めてから、いくらか歩く人が増えたようだ。トレイル整備に伴ってコースが付け替えられたらしい、これが気になって新しいコースを辿ってみよう。


従来は国道254の「野間沢橋」という橋のたもとの鉄バシゴから、みちが付けられていた。中部電力の送電線巡視路を利用して赤松の尾根を登り、稜線のコルに立つ鉄塔からわずかな距離で山頂に至る。

一方、新しい道は500mほど松本市街地寄りの「三才山ドライブイン」の真横に標識が建てられている。0815時、路肩の草地に原付バイクを押し込み、高度計をセットして歩きはじめる。



c0220374_22452796.jpg

新しい道は、どうやら古い山仕事の作業道を辿っているようだ。土留めに積まれた石、埋もれた丸太など単年度に整備されたものとは思われない丁寧さ。そのうえに長く使われ、営々たる歴史の重みのようなものを感じさせる。



みちは、戸谷峰山頂から真南に伸びる小さな尾根に絡んでいるいるようだ。気温は0度で温かいのだが、風がとにかく強い。頭上から折れた枝が落ちてくるぐらい、強い。森が、山が揺さぶられている。そんな風が唸る森の底に、真新しい道標が違和感を覚えさせるほど唐突に出迎える。
c0220374_2322840.jpg




雪は少ない。暮れの29日の積雪の直後、激しい雨に変わって半ば融けてしまったのだ。そこへ大晦日の寒気が入ってクラストしている。
c0220374_2324411.jpg

森の上を凄い風が疾ってゆく。葉を落とした広葉樹の森は風を遮ってはくれず、僕の身体は時折持ち上げられたり、押し倒されそうになったり。




c0220374_2343017.jpg

標高1500m、山頂下の斜面。鹿道が走る。



c0220374_2382699.jpg

平坦に見えるけど、斜度は40度近くある。山頂方向の空が青く抜けてきた。ジグザグとトレースの無い斜面に高度を稼ぐ。



c0220374_2392486.jpg

東西に伸びる稜線の一角に出た。西側、四賀金山から整備されたコースを合わせる。



c0220374_23105690.jpg

金山方向。かなり急なアップダウン。数年前にここを降りて稲倉峠まで歩き通したことを思い出す。



c0220374_23122129.jpg

0934時、山頂にて。1時間20分で到達。他のハイカーの姿は無かった。風が強く、雪に刺したポールが吹っ飛ばされるほど。



c0220374_23154964.jpg

安曇野方面には雪雲。北アはもの凄い荒れ模様。島々谷のあの尾根に向かっていたら、ここ以上の風に叩かれたことだろう。山頂でのラーメン、と用意はしてきたが、とてもとても無理。ラーメンがナベごと飛んで行ってしまう。



山頂には1分も居なかった。東側の急斜面を降りて、野間沢橋への下山路をたどる。



c0220374_23183234.jpg

靴はハンワグのSUPER FRICTION GTX。ここまでのキックステップも最高。寒さを感じる瞬間も無く最高。というか、靴を履いている、石ころの上を歩いている、クラストした雪に蹴り込む、という神経質な感覚はない。実際には丁寧に雪面をプレスしているのだけれど、感覚的には無造作に足を出すだけで良かった。もう最高。もう一足買っておきたいぐらい、最高。



c0220374_23295532.jpg

アトラスと僕が名付けた朴の樹に挨拶する。5月まで、彼は眠り続ける。ここから送電線巡視路をくだり、野間沢橋に降りたのは1030時。誰にも会わず、風の歌を聴いただけだった。



c0220374_2332232.jpg




三才山集落にある御射神社さんの秋宮に詣でる。浅間温泉に鎮座まします神さまの、秋から冬にかけてのお社だ。
c0220374_23391090.jpg


柏手を打ってこうべを垂れ、この一年の山遊びの無事を、祈った。




マップはヤマレコのページに。
[PR]

by yabukogi | 2013-01-02 23:46 | 筑摩山地・美ヶ原