<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 18日

稜線に秋の気配を

c0220374_632467.jpg

数日前、大天井岳付近をうろうろ歩いていた折りのこと。


c0220374_6331580.jpg

縦走路脇にバイケイソウの群落成す箇所がある。今年は当たり年なのか、北アのどこでも、この白い花を眺められたものだ。この花も、七月のある日に咲いたと思ったらいつしか枯れ、鮮やかなみどりの葉も茶褐色にしおれていた。夏が過ぎ去ろうとしているのだ。



大天井岳から常念方向に稜線の道を選ぶと、ふるい岩室のあたりにコマクサが咲き乱れる。
c0220374_6335216.jpg

花は色を残すが、みずみずしさは失われ、枯れてゆこうとしている。



c0220374_6344232.jpg

すがた美しい常念を背景に、チングルマも風に揺れる。



稜線には、こんな秋の気配が、静かに漂っていた。

うむ、困ったことだ。また食欲が募るではないか。
末尾ながらピンのボケにはご容赦!
[PR]

by yabukogi | 2011-08-18 06:38 | 書くまでもないこと
2011年 08月 10日

黒唐飛廉

稜線の一角に、黒いイガのような薊(あざみ)の蕾のような、不気味なしろものがたくさん出ていた。さては面妖な、得体の知れぬやつめ。北アの標高2800mぐらいの斜面上部、明らかに春までは雪庇成す稜線直下である。


c0220374_1935776.jpg

擦り切れた持ち主も判らぬ高山植物図鑑を引っ張り出す。ページを丹念にめくりながら調べると、クロトウヒレンという多年草らしい。漢字では黒唐飛廉の字が記されている。ふだん花の名前を調べたり、ましてやこれを覚えたりすることなど滅多にないが、その姿の奇妙さと不可思議な漢字の組み合わせが、記憶に残った。




黒いイガのような姿から、八月に鮮やかな薄紅色があらわれてくる。どちらが花としての本当の姿なのか、僕は知らない。
[PR]

by yabukogi | 2011-08-10 19:39 | 書くまでもないこと