その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北ア・その他のエリア( 1 )


2010年 09月 19日

奥飛騨・沢上谷 2010/09/11

沢を詰めれば稜線に出るのは道理で、少なくとも稜線につながる尾根のどこかには、達する。そう考えれば沢から山を目指すという考え方自体が至ってシンプル、枝沢の分岐を間違えなければ迷うことも無い。流れに沿って標高を上げ続けていけばいつかは稜線かピークに立てる。しかしこれは一定の勾配で滝が無い、廊下も無いという仮の話で、現実には真っ暗な谷底に横たわるゴルジュに追い返されたり、あるいはホールドもリスもない滝を前に呆然と佇むだけのこともあるだろう。これは極端として、徒渉したり泳いだり直登したり時には巻いたり、そういう身体的な使い方をあらゆる場面で考え続け判断し続けながら上へ上へと向っていく沢登りという様式には、醍醐味と美学がある。


今回訪れた沢、奥飛騨の沢入谷沢上谷(訂正:そうれだに)の場合は稜線には届かず、山脈から少し離れた里山を流れ降りてくるような沢。水源は中央分水嶺に発し、水は日本海へ向う。標高差も勾配も大したことは無い。事実、沢登りではなくて「沢歩き」に徹することができる。これは僕にとって有り難い話で、要するにワザを求められない登りならば僕にも歩ける。醍醐味と美学にはいささか欠けるかも知れないが、玉が縮み上がる思いをするよりはましなのだ。


ClubNature+のユウさんからお誘いを受けたのは、まだ初夏の頃。夏の終わりか秋の初めに奥飛騨の沢を歩こう、と。上に書いたように、「沢を登ろう」ではなく、歩けるところを選んでくれたのは僕の身体能力と玉縮みを慮ってくれたから。ユウさんご自身はふだん、凍った穂高のカベにでも平気で(いやむしろ好んで)貼り付いておられるような人なのだ。そこへ放置民のいのうえさんと英語ができない鳥さんと、姉妹でぶらぶらしておられる姉さんもご一緒くださることとなり、ユウさんのご友人も加わってにぎやかに出かけることとなった。まだ酷暑の残る9月の中旬、大人が堂々と水遊びできるというのだから、これは楽しみでたまらない。


入渓点は標高580m付近で、沢から上がる地点は1,000mをわずかに切っている。高低差400mそこそこをのんびり歩く沢だから装備はミニマムでいい、一カ所高巻き道の足場が悪いということで全員ハーネスだけは着けることにした。09時過ぎ、入渓。15分も歩いただろうか。「五郎七郎滝」への分岐となる枝沢が左から落ちている。落ちているというのは、文字通り滝になって白布を掛けてるのだ。また来る時のために、今回はスルーすることに。



c0220374_12215252.jpg

予想に違わず、また地形図から読み取れる通り、穏やかなせせらぎの中をじゃぶじゃぶと水しぶきを上げながらゆく。小さな釜を泳げばこれまた小さな滝が真っ白な飛沫を上げている。ぷはぁ、爽快極まれり。僕は沢の経験が浅く、蔵王の東面、飯豊の胎内川、あとは奥秩父を少し遡ったぐらい。同じシーズンに仲間がふたり、それぞれ別な沢の事故で死んでからは20年以上も沢に入っていない。ふたりとももう成仏してどこか高い所から見てくれているだろうから、今日は君らの分まで楽しんでやろう、久々のじゃぶじゃぶである。岩質は溶結凝灰岩か、フリクションが効いて歩きやすい。ときどき混じる赤っぽい岩だけコケが付いていて滑る。僕は地下足袋だったから、この赤い岩だけには足を載せないように歩く。

 >> まだ暑かった日のこと...
[PR]

by yabukogi | 2010-09-19 12:24 | 北ア・その他のエリア