その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 18日

かきめし〜瀬戸内咆哮編〜

冬が終わろうとしている。

つまり、牡蛎のシーズンが終わろうとしていることに、気付かされるのだ。もっとも、夏になれば、パリのセーヌ河岸で牡蛎を楽しむ、そんな若き日のヘミングウエィみたいな趣向も悪くない。

が、僕はパリどころかグアムにもハワイにも、ナリタにすら行ったことがない。



この冬は、鍋物で3回ほど牡蛎の姿を見た。出汁も出ていた。しかし僕の舌も胃袋も、牡蛎にはたった一度しか出会えなかった。


c0220374_13184038.jpg

そうか。奴らが居る限り、牡蛎は喰えんのだ。
豆ども(こどもたち)の居ないところで、存分に牡蛎を楽しむことにしよう。



c0220374_13194743.jpg

キッチンで牡蛎を洗う。三陸ものを探したが売り場になかったので、瀬戸内産を買い求めたのだ。

笊に開けて水気を切っている間に、ミニトランギアのナベで酒、醤油、白だしのつゆを温める。煮立ったところに牡蛎の身を放り込み、3分間だけ、加熱する。白出汁を使ったのは、ネコの手も借りたい師匠からの助言だ。



c0220374_1320567.jpg

火が通ったようだ。



c0220374_13205152.jpg

煮汁に漬けておくと身が痩せてしまうので、煮汁を密閉容器に分けておこう。容器は冷蔵庫へ。



c0220374_1322089.jpg

身は、冷やしてからテルモスのフードコンテナーJBI-380に。飯を炊く現場まで保冷しておく。


 ■□■

さあ、邪魔な奴らがが居ないフィールドで、牡蛎を楽しむのだ。


PRIMUSのAluTechポット1Lには無洗米、ブナシメジ。ここへ...
c0220374_1323355.jpg

密閉容器に分けておいた牡蛎の煮汁が入る。一滴も、無駄にしない。そしてトランギアのストーブに炎が点されるのだ。



c0220374_13222697.jpg

ぶくぶく...。ううぅ、香ばしい。


後半は約束通り、弱火で12分。
c0220374_13233654.jpg

火力調節蓋を細く開け残し、最適な火力を得る。陽光の下、青い炎は見えない。


うむむ。
待てないが、待つのだ。


12分を経て、火から下ろす。蓋を取り、冷たいまま運んできた牡蛎の身を投じる。
c0220374_13235595.jpg

あぁっ。なんというビジュアル。なんという香り。ここからさらに15分蒸らさねばならないと言う地獄の待機時間。



c0220374_13241863.jpg

そして、時は満ちた。



c0220374_13243641.jpg

盛れ。かぶりつけ。味わえ。噛み締めろ。呑み込め。ほら、もうひとつ!




そして、蒼空に向かって叫ぶがいい。
[PR]

by yabukogi | 2013-03-18 06:00 | 喰い物のこと


<< THERMOSフードコンテナー      貝めし〜北海旅情編〜 >>