2013年 03月 10日

かにめし〜安曇野望郷編〜

ソロクッカーに生米と缶詰を放り込んでの「炊込み炊飯」は、なおも続いている。

c0220374_9403584.jpg

先般は、【いわし味付け】缶詰+梅干し最高! と書いた。もうこれは僕のエンディングノートに書いておこう、僕の墓石は【いわし味付け】缶のデザインにしてくれ、と断言できるレベルだった。


ところが、味わいの更なる遠くの地平線というものがあった。

求道とは、かくも遠い道なのか...。いや、醍醐味と言うべきか。僕はさらに美味いものを見つけてしまったのだ。もう「いわしめし」とか単なる山食のひとつじゃね? と表現をトーンダウンさせていただきたい。



やはり、缶詰なのだ。そして、安曇野の味わいがプラスされたのだ。どのくらい美味かったかをお伝えしたくて、これを書く。


c0220374_9401661.jpg

わさび漬け。安曇野の清らかな湧水が育んだ山葵を惜しげもなく使用している、飯の友だ。わさび漬けのことは、あの工場長さんと「断然、小口だ」「いや、望月だ」と果てしない論争を重ねてきたので、ここでは繰り返すまい。とにかく、わさび漬けなのだ。今回は「葉わさび」を使用した。

そして缶詰は、蟹である。カニである。海の底のいやらしい節足動物である。


c0220374_947585.jpg

アルミ・ハードアノダイズドされたソロクッカーに、1合の米、【マルハ まるずわいがにほぐしみ】である。実は、かに肉は、蒸らしの時に混ぜ込む方が美味いのだが、写真を撮っていない。


c0220374_9494363.jpg

ここへ、わさび漬けをひと箸、放り込む。そう、酒粕ごと。



c0220374_9503942.jpg

塩気を足すのに、塩、こんぶ茶、醤油、粉末鰹だしのいずれが好ましいか? これは好みの問題もあろうが、僕はそばつゆ。それもいつものじゃない「安曇野そばぶるまい」のうんまいつゆ。

トランギアのアルコールストーブに、火が点される。音もなく立ち上がる炎が、揺らめきながら味わいの予感を奏でる。






蒸らしの時間中。

c0220374_9532515.jpg

待てんのだ。湯気に混じる酒粕の香り... トランギアのアルコールストーブは弱火にされながらも、小さな炎がナベ底をちろちろと炙っている。その熱が酒粕の芳醇な香りを撒き散らしているのだ。これが「飲め」「呑め」と囁きかけてくる。

我慢できず、わさび漬けを肴にちびりちびり、やり出す。


c0220374_9545171.jpg

炊けぇーた。もの凄い香り、ビジュアル、僕の胃袋がふくれあがり裏返り、僕を呑み込もうとしている。


マグに盛り、訳の解らない叫びとともに、海苔を振る。

c0220374_9563386.jpg

くああぁあぁ。

混ぜる。

c0220374_9572064.jpg


もう.... これは.......








蟹肉は、蒸らし時にそっと載せ、いただく時に混ぜる方が断然良い。ただし缶詰のスープとわさび漬けは、トランギア点火時に投入のこと。
[PR]

by yabukogi | 2013-03-10 10:03 | 喰い物のこと


<< Primusランチジャグ      寒池の鯉 >>