その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 18日

いわしめし〜序章〜

いわしめし。

c0220374_9592758.jpg

シンプルで、得も言われぬ味わいをまとった、究極の山飯が存在した。



c0220374_10421224.jpg

缶詰コーナーやワゴンで売られている、イワシ缶。多くの場合、プライス88とか、100とか、お手軽。風味ラインナップも味噌、黒酢、しょうが、レモンなどと幅広く、選択に困るほど。

今回はたまたま手元にあったキョクヨーの【いわし味付・生姜煮】を使用した。脇役としてはこれまた美味しい【くらこん・塩こんぶ】、パッケージの塩こん部長が愛らしい。2合のコメを研ぎ、水は通常の炊飯時より少ない300ccとした。この水分量には訳があって、要は味の調節のためだ。缶詰の「煮汁」はもちろんのこと、少量の「麺つゆ」を加えてある。使用する缶詰の銘柄や塩加減で変わるだろう。

もっとも、ソロハイクでは1合炊きが多いだろう。幸せなカポーやあの工場長さんなら2合炊きか。ふだん使いのナベで「どこまで水を...」と覚えておく。



c0220374_10143149.jpg

材料が、ナベの中に投じられた。ナベはPRIMUSのAluTechポット1L、火器はトランギアTR-B25プラス、自作ストームクッカーもどきを使用。麺つゆ追加による味付けの加減だが、これが重要。僕の場合このタイミングで、かけ蕎麦のつゆなら、ちょい薄くね? 程度、下界でならややしょっぱく感じる。またこの時、日本酒を加えれば、尚のことよろしい。



c0220374_1017387.jpg

前半は火力調節をしない強火で炊く。


c0220374_10174812.jpg

風防の上縁部。ナベ底を舐める炎の様子がうかがえる。
ぶくぶくと音がすれば、腹が鳴り出す。たまらん。



沸騰したら、理想的には1〜2分をそのままの火力キープ。さらに...


c0220374_1020196.jpg

火力調節蓋を細く開け残し、装着。素早くナベをゴトクに戻す。


c0220374_1021452.jpg

タイマーで12分。ただし炊き込み系の場合は焦げ付きの蓋然性が高まるので、10分過ぎからは慎重に香りをチェック。逆に言い換えれば、お焦げが好きなら香ばしい匂いとちりちりの音を聞いてからナベを降ろせば良い。



蒸らしの10分間が、長い。

c0220374_10232474.jpg

蓋を開ければ、そこはパラダイスだった。もっともいわし殿には不幸な墓穴なのだが、これが生きることの残酷さなのだ、許せ。



ひとくち、いわしの身をむしる。骨ごと味わう。うぅ、たまらん。もみ海苔を振るのを忘れていて台所に立った瞬間、大豆と小豆がこのポットを発見し、中身を奪い合い、僕の口にはわずかしか回らなかった。




その後、3回の実験を重ねる。そこで得られた知見のいくつかを。

(1)いわしは、プレーンな醤油味の方がいい。
生姜煮がよろしくない訳ではなく、醤油味でしかできない高度なバリエーションを発見したためだ。このあたり、まだ写真も撮っていないので、近日公開。


(2)トッピングは、ぜったいに海苔。
針ショウガ、アサツキ、青じそ(大葉)、七味唐辛子なども試してみたが、断然ぜったい、もみ海苔。


(3)お焦げ、最高!
この「いわしめし」は、ご飯ではなく、肴だ。池波正太郎さんの物語の中で、「鮒飯を肴に熱いのを...」などのような表現に出会うことがある。飯を肴に酒を? と永年疑問に思っていたのだが、この「いわしめし」のお陰で「すっと腑に落ちた...」感がたまらない。


テントを張る。荷物の整理。
マウンテンブーツを脱いでクロックスに足を突っ込む。
担いできたビアを「ぷしゅっ!」。

その傍らでトランギアをセットし、広口ボトルかなにかに入れておいた生米やいわし缶を投入。点火。
ビア2本が空になり、ウイスキータイムが始まるだろう。空はまだ茜に染まらず、ただ金色のひかりの兆し。このタイミングで、いわしめしが炊きあがる。

まずはいわしの身をむしゃむしゃやりながら、ウイスキーが進む。飯粒を美味い美味いと言いながらかき込む。時折マグに手を伸ばしてモルトとの相性にうなずく。

最後のお焦げ。ナベ底のお焦げ。これを噛み締めながら、景色を眺める。するといつの間にか稜線を隠していたガスが取れて、彼方に、にょっきりと槍の穂先。

うん、今回のハイク最高! ってね。
[PR]

by yabukogi | 2013-02-18 11:55 | 喰い物のこと


<< いわしめし〜梅の章〜      影法師に会う >>