その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 03日

地図ロイド、そのキャッシュのこと

Androidの突き抜けて秀逸な無料アプリ【地図ロイド】と【山旅ロガー】を愛用していながら、地図データのキャッシュ管理について大まぬけな勘違いをしていた。訂正を兼ねて、僕の備忘録代わりに記しておく。また、適宜加筆訂正する予定。なお、端末の機種やOS、アプリのバージョンなどで手順や表示に違いがある。そこらへんはご了承を。



■地図データ保存先

まず、僕の使用環境では、地形図キャッシュはSDカードに保存させている。
c0220374_7243564.jpg

地図ロイド起動中、メニューから「地図管理」を選ぶ。すると上の画像のように右側に「設定」があるから、「保存先設定」をSDカードとする。




c0220374_7252290.jpg

下の方に容量が20MBと表示されているが、SDカードを使う場合は、ここは無効。クリア、凍結も無効。



これで、地形図はサイズを気にせずSDカードに落としておける。寝床や電車の中ではぁはぁ言いながら、どんどん表示させて行けば良い... と思っていたら、なんと、「一括読込」モードがあるではないか。




一応書いておくと【地図ロイド】では、地形図の縮尺に応じて、1/18,000、1/9,000、1/4,500という3段階の別々なデータを使い分けている(1/4,500は一括読込みからは省かれる、後述)。

なので、拡大縮小それぞれのデータを揃えておかねばならない。ところが山の中では、電波事情というがものある。加えてバッテリー消費を抑えるために「機内モード」にすることが多い。だから事前キャッシュが重要なのである。


■一括読込

c0220374_7255770.jpg

メニューから「地図管理」を選ぶ。真ん中の「一括読込」をタップ。



c0220374_7261725.jpg

ここで「新しく取得する」を選ぶ。



この先で、読込みする範囲選択のための地形図が表示される。スクロールや拡大縮小の操作でお目当ての山域を探す。ここで、目的の山域(エリア)の北西の角っこをセンターに持ってこよう。


ここでは仮に涸沢を始点とした。ゴルフボールみたいなやつをタップしてから地図の方をスクロールしていく。

c0220374_7264625.jpg

北尾根の岩にはぁはぁ息を荒げながら「又四郎め」などと呟く。



c0220374_727427.jpg

もう一度、ゴルフボールをタップすると、読込みの確認画面。



取込むデータグループに名前をつけられるのは便利だ。
画面中、9000(基本図)(48枚)以下に4500が表示されていないのは、理由がある。一括読込で広範なエリアを対象とした場合、詳細な1/4,500図のデータ量は膨大なものになる。トラフィックや通信時間に負担を与えることもあって、我慢しなさいということだろう。


c0220374_7272778.jpg

4500図を使用せずに9000図の拡大表示で代替する機能もあるようなので、こう考えると4500図は必ずしも必要ないのかもしれない。が、バリエーションルートや沢の遡行に備える場合は、想定ルートを事前に表示させることで1/4,500図の読込み保存をさせておけばいいのだろう。



c0220374_7274825.jpg

奥又白の池の付近を表示させている。
これは1/9,000縮尺のデータを拡大させているのだが、実際には問題がなさそうだ。そもそもこれまでは紙に印刷された1/25,000図に慣れ親しんでいたのだから。



■Mac側から覗いてみる

SDカードに保存されたキャッシュそのものは、どうなっているのだろう?
MacにUSBでつないだ状態で、Finderで見てみる。
c0220374_742251.jpg

汚いデスクトップを晒すようで恥ずかしいのであるが、グレーや黄色のHDDヴォリュームに混じって、白いアイコンが見える。これがスマートフォンのSDカードだ。「chizroid」フォルダの中に「cashe」フォルダ、その下にはここのデータが置かれている。どうやらDLした端末でしか利用できない(他アプリで利用するなどが不可)かたちで書き込まれているようだ。



c0220374_7422665.jpg

casheフォルダがSDカードのどのくらい占めているか?
140MBと見えるが、北ア南部東側がそっくり入ってこのぐらい。槍穂裏銀座、常念山脈、後立山も入ってる。




■バッテリー

さきに機内モードで、と書いたが、それでもバッテリーはなかなかタイトだ。

c0220374_7453994.jpg

ブースターをお忘れなく。



アプリ開発者の方の優れて解りやすいサイトがあった。僕の記事ではなくて、こちらをご覧になった方がいい。
https://sites.google.com/site/chizroid/
[PR]

by yabukogi | 2012-12-03 07:49 | 山の道具のこと


<< なんてシルキーな夜だろう      中央分水嶺・三峰山  >>