2012年 11月 03日

ワンダフル・バグス

やあ皆んな。

虫は好きかい?
虫が好きでも、食虫する人は少ないよね。

先日、不用意にこんな写真を掲げてしまって、済まなかった。

羽翅、節、殻、つまり、さくり、かりり、昆虫を視覚と味覚、何よりも舌触り、歯ごたえで愉しもうという日本の伝統的食文化だね。そう、僕たちは偉大なる縄文人の末裔なんだ。





これは、イナゴ、つまり成虫を味わうのだけれど、イナゴ以外では、幼虫や蛹(さなぎ)も味わうことがある。たまらないよ。




信州では、蜂の子を愉しむ。
地蜂といって、スズメバチの仲間なんだけれど、巣を掘り出して幼虫から成虫まで、一網打尽。

 食 べ 尽 く す の さ 。

c0220374_15542792.jpg

穫る作業はなかなか骨が折れる。肉片に綿を着けておいて待つ。こいつらが飛んでくる。脚のトゲに綿が絡まる。そのまま飛んで巣に帰るのを追跡して、特殊な煙で眠らせて、おしまい。途中の薮漕ぎは、きついよ。


上の写真は、掘り出した巣からほじくり出して鍋に叩き込んで、佃煮にしたんだ。凄いよ、ローヤルゼリーの風味をまとって、たくさん食べたら、ぜったい眠れない。こっそり書くけど、びんびんさ。

生食をいつか.... という夢もあるけど、こいつらは昆虫や屍肉を漁る奴らだから、体内に飼ってる細菌類がハンパ無い。たぶん一発で病院行きだろう。勇気が要るね。




素材感を大切にしたい場合は、塩味だ。
こうなると、バグじゃなくて「ワーム」かもね。

c0220374_15543616.jpg

うじ●し、とか言ってはいけないよ。蜂の子だ。塩味は「煎る」感じで調理するんだけれど、見た目で「げえぇっ」って言う人が多いね。信州ではそんな罰当たりなことを言わないけれど。





グッナイ。すてきな夢を。
[PR]

by yabukogi | 2012-11-03 16:18 | 喰い物のこと


<< その男、弁当ライフ。      サーディン、愛してる。 >>