その男、薮の彼方に消ゆ

imalp.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 24日

飯盛ろう日本!

先日、裏山の某ピークから安曇野を見下ろして、驚愕してしまった。


一面緑なすはずの田んぼが、茶色いタイルに置き換えられている。つまり、昨年一昨年ぐらいまでコメを作っていた農地が大麦の畑に変わってしまっていたということだ。


 いかん。
 もっと米を喰わねば。



盟友である工場長どのは、相変わらず蓼科盛りで喰らっておられよう。かつて松本城の堀端で固く手を握り合い、お互いの行く手にいかなる困難が待ち受けていようとも、たったふたりだけになろうとも、この国の大地に育まれた稔りを、ま白き豊穣を、湯気立てる白米を、「茶碗ではなくどんぶりに高々と盛り上げて喰らおう」と誓い合ったのだ。

しかし。
僕にとって、おおきなどんぶりに蓼科のごとく武甲のごとく、あるいは北穂のドームのごとく盛られた白い飯を喰らう元気が、失われてきた。ご飯は茶碗にそっとで... 


僕は敗北したのだろうか。固い誓いをやすやすと打ち捨ててまで、体型や数値を気にしているのだろうか。そう言われても、返す言葉もない。僕は敗北したまま、生ける屍として存在し続けるのだろうか。

そんな打ちひしがれた気分の中で、山下達郎さんの歌の歌詞が、脳内を流れた。

 たった一度だけの人生を
 何度でも
 立ち上がる...





僕は、負けたままでは、いない。
もう一度、立ち上がる。



c0220374_16551537.jpg

庭の山椒の樹が、実を着けていた。一昨年は成らず、そんなものかと思っていたら昨年、実をつけた。その、着けた実をいただいて佃煮にしてみたのだが、炊き方に失敗して固くなってしまい味気ない思いをしている。僕は負けない。あきらめない。松本城のお堀端の誓いが、あざやかによみがえる。工場長どのと二人、この国の農業を、守るんだ。



丁寧に時間をかけて摘んだ実を、洗う。ただし乾かしてはいけない。水を張ったボウルに放り込みながら、実を摘む。摘んで、洗う。


c0220374_16553970.jpg

下茹でして灰汁を抜く。



c0220374_16573878.jpg

水にさらす。さらし過ぎて灰汁を抜きすぎると、物足りなくなる。加減が難しい。



c0220374_16581381.jpg

つづけて黒砂糖や蜂蜜、日本酒、醤油、最後にみりん。何度にも分けて少しずつ加え、実が固くならぬように丁寧に炊く。



c0220374_16583196.jpg

うん。これでいい。



c0220374_16585227.jpg

飯を盛る。縄文の民がつくり始め、この国の胎動ともいえる時代を支え、いまなお我らが胃袋と魂を満たし続けているコメ。白状すると蓼科のようにも常念のようにも、僕には盛れない。ましてや珍しく全身に雪をまとったジャンダルムのようには。

そっとでいい。けれど、麺やパンを少し控えて、その分、これで米飯をいただこう。そして後日、イカナゴやチリメンが手に入ったら、ぐふ....ぐふ..ぐふぐふ。



飯盛ろう日本。
[PR]

by yabukogi | 2012-06-24 17:03 | 喰い物のこと


<< 熱血グリーンカレー魂      海の神さまがくれたもの >>