2011年 12月 28日

魂こがして、2011。

やはり叱責を、受けてしまったのだ。


調子こいて華麗なるカレーうどんへの挑戦をここに書いたら、虎影流うどん術の師匠・にゃんこ先生から。

 ならぬ。うどんは和に限る。
 わしもかつては、うどんに欧州の味を試みた。
 これは、よこしまである。




つまり、かつてにゃんこ先生もフレンチでシチュー仕立て、あるいはイタリアンでトマトスープ仕立てのうどんに、挑戦なされた。しかしこれらは真のうどん道の道を外す、いわば「邪剣」であると看破なさったわけだ。太刀に妖気を宿し敵を惑わせば是即ち技なり、そう考え始めていた僕への、大喝である。


僕は破門となるところを、首の皮一枚でつながったのか...。
僕のうどん道はどこへ向うのだろう? 
師よ、お導きください。




師の言葉を待てず、僕は裏山へと向った。


うどんの道は、ひとの道。
仁ありて麺あり、麺ありて義あり。
麺在りて、人在り。


探求の道は、麺のように長く険しい。



ミニトランギアを、トランギアのアルコールストーブに載せる。麺は、そのへんのひと袋28円の普通麺ではない。加ト吉ブランドで知られるテーブルマーク株式会社の【さぬきうどん】、これに尽きる。冷凍ではあるが、腰が強く美味いのだ。これをひとつフリーザから持ち出し、解凍しておく。融けていた奴が、冬の信州の里山では、また凍る。トランギアの蒼い炎と、ミニトラのアルミの輝きが、熱くこれを再び融かし、煮上げる。魂、こがすように。



師よ。やはり、うどんに異国の味わいを加えてはならないのですか? 
1976年6月26日、かのモハメド・アリとアントニオ猪木は「格闘技世界一決定戦」の一環として、武道館に忘れ得ぬ死闘を繰り広げたではありませんか! 

c0220374_1558257.jpg

丸美屋の【麻婆豆腐の素・中辛】よ、そのひと袋の半分よ、讃岐うどんにアリキックを見舞え! 3分間15ラウンドの始まりを告げるゴングよ、鳴り響くがいい。伝説の第一章、その最初の一文字を、刻むがいい!


一方で脳内に、ARB・KEITHのドラムが響く。そのイントロに続いて絞り出すような石橋凌のヴォイス。スポォット、ラァイトが... 



ぐつぐつと、煮え上がる。
魂こがして。こころ、燃やして。
麻婆が香る。
とろみパウダーは加えない。


c0220374_16010100.jpg

茹で野菜、投入。ほうれん草、そしてニラ。
生卵、投入。
白ごま、投入。
青ネギ。乾燥ではなく、その場で刻んだ青ネギ、投入。

仕上げに、自作の辣油、投入。
魂こがして。こころ、燃やして。
魂こがして。こころ、燃やして。





師よ。
麻婆、シノワの味わいでは、わざ、成らず、とおっしゃいますでしょうか。
師よ、お導きを!
[PR]

by yabukogi | 2011-12-28 16:10 | 喰い物のこと


<< うどんに降りしは御鶏様なのだ      上高地、アルマイト鍋 >>